編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
カーボンニュートラル(脱炭素)

CTC、カーボンニュートラルに関連するサービスメニューを体系化

NO BUDGET

2022-09-02 11:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、カーボンニュートラルに関連するサービスをメニュー化し、体系化した。温室効果ガス(Greenhouse Gas:GHG)排出量の可視化や削減支援、再生可能エネルギーの導入や利用・活用の支援、関連するデータ活用基盤の構築などを含む。

 同社は、風力や太陽光発電の出力予測を含めて長年蓄積したシミュレーション技術に基づき、企業や団体へのサービス提供を通して、カーボンニュートラルに向けた社会経済の変革(グリーントランスフォーメーション、GX)に貢献していくとしている。

CTCのGXサービスの体系
CTCのGXサービスの体系

 このサービス体系は、GHGの削減につなげる「GXソリューションフレーム」と、データの取り扱いに関連する「GXデータプラットフォーム」で構成されている。

 GXソリューションフレームは、企業のGHG排出量の削減や、エネルギー利用の効率化などの技術支援を行う「GXソリューション」と、情報開示や削減を含めたGX戦略の策定を支援する「GXアドバイザリサービス」の分類でGHG削減のための各種のソリューションをまとめたもの。

 GXソリューションは、GHGのサプライチェーン排出量における算定や報告に関する基準「GHGプロトコル」に基づくScope1,2,3という算定範囲やビジネスの特性に応じて、シミュレーションや人工知能(AI)によるデジタルツイン、システム基盤などの技術を組み合わせて、GHG排出量の削減につながる技術支援を行う。

 GXアドバイザリサービスでは、収集されたデータから情報開示や削減シナリオの作成、GX戦略の策定、環境価値の取引支援や再生可能エネルギーの活用の提案などを行う。環境価値は、CO2を放出しないという再生可能エネルギーの「付加価値」のことで、証書化して取引が可能だ。

 なお、GXデータプラットフォームは、GHG削減に向けて各企業における経営企画部門や事業・拠点部門の連携を促すデータ活用基盤のこと。これを構築することで、現在、多くの手作業が介在し課題となっている自社およびサプライチェーンのGHG排出データの収集・管理に加えて、データの可視化、AIによる分析が実施できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]