編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NEC、ネットワーク機器の真正性を確保して脅威を可視化する新製品

NO BUDGET

2022-09-13 14:42

 NECは、ネットワーク機器の真正性を確保し脅威を可視化する「NECサプライチェーンセキュリティマネジメント for ネットワーク」を製品化し、販売を開始した。年間の税別価格は70万円から。

 同社は、今後5年間で3万台のネットワーク機器に導入することを目指している。なお、同製品のSaaS版を2023年度に発売する予定だ。

 ここでの真正性(Authenticity)は、ネットワーク機器などが、メーカーが設計・製造した状態から意図せず改変されていないことを意味する。

 この製品は、工場出荷時を起点とした証跡情報による機器の真正性担保に加え、運用時のセキュリティ関連情報を収集し、ライフサイクル全体を通じた安全なネットワークシステムを可能にするという。第一弾は、NECから提供するシスコシステムズ(シスコ)のネットワーク機器を管理対象とし、今後は対象機器を順次拡大する。

 NECは2020年からシスコの不正検知技術を活用し、ブロックチェーン技術と組み合わせて、工場出荷時のシスコのネットワーク機器の真正性を確認・監視・管理する取り組みを行ってきた。こうした実績に基づき、同製品は機器に生じるリスクの可視化や一元管理を行い、ライフサイクル全体を通じた安全なネットワークシステムを可能にするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]