IT企業の年頭所感

サイバー攻撃に対する企業の回復力が重要に--Infinidat・山田代表

ZDNET Japan Staff

2023-01-11 08:10

 2023年に向けたIT企業のトップメッセージを紹介する。

Infinidat Japan カントリーマネージャー 山田秀樹氏

 2022年は、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みがさらに加速し、事業活動の中で発生するデータもますます膨大化しました。一方で、サイバー攻撃によるセキュリティの脅威は、標的型攻撃などのデータを奪うものから、ランサムウェアによる業務妨害(と身代金要求)の件数が増えた1年でもありました。このような傾向に対応するIT投資を考える中で、そのデータを収めるエンタープライズストレージについてもきちんと評価し、投資をしなければいけないと考える企業が増えてきたのではないかと実感しています。実際に当社の顧客は、パートナー企業さまとの連携のもと、金融業界にとどまらず、製造や小売、あるいはサービスプロバイダーなど、幅広い業界、業種で拡大しました。

 サイバー攻撃に対する企業の回復力を示す「サイバーストレージレジリエンス」を取り入れることは、システムが複雑化し、サイバー攻撃が多様化、巧妙化する中で必須の要素となっています。Infinidatの高度なサイバーストレージレジリエンスが保証されたストレージソリューションは、簡単なセットアップでお客さまの環境にほぼ瞬時のデータ復旧能力を提供します。

 2023年は日本全体でデジタル化が加速する中で、企業のサイバーセキュリティ戦略において、サイバーレジリエンスを備えたストレージを取り入れることの重要性がより一層強まっていくと予測しています。Infinidatは、日本企業の皆さまがサイバー攻撃に対して後手に回るのではなく、先手を打つことへのシフトを支援し、手軽に導入でき、より効率的に高い競争力をもたらすソリューションを戦略的に推進してまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]