富士通、ドイツのサーキットをデジタル化--映像でAIが安全性を瞬時に判断

藤本和彦 (編集部)

2023-01-23 17:05

 富士通は1月23日、ドイツのサーキット運営会社であるNurburgring 1927(以下、ニュルブルクリンク)でのレースの安全対策に、人工知能(AI)技術を活用する包括的な支援を行っていることを発表。その第一弾として、世界最長で、多数のカーブを持つ難易度の高い同社の常設レーストラック「ノルドシュライフェ」に、AI技術を活用した安全対策強化に向けたシステムの実証実験を2022年に実施し、2023年1月に本導入を開始したことを明らかにした。

 現在、ニュルブルクリンクのレーストラックでは、レースの安全を守るスタッフであるトラックマーシャルたちが旗の提示やラジオ放送を活用することで、ドライバーに危険の警告や事故発生を伝えている。しかし、救助が来るまでに時間を要し、時にはコースが閉鎖されレースに大きな影響が生じるなどの課題があった。

 ニュルブルクリンクと富士通は、カメラやAIを活用したシステムの構築により、レーストラックの異常を自動検出し、ドライバーに即座に危険を警告できる基盤を整備することで、安全対策の強化を目指している。

 実証実験では、レーストラックの内、2.8kmの区間に8台のハイビジョン(HD)カメラを光ファイバーケーブルで接続するとともに、AI機能を搭載したシームレスなシステムを構築した。これにより、HDカメラからの映像をAIがリアルタイムに監視・判断し、レーストラック上のLEDディスプレイを介して即座に危険をドライバーに警告できるようになるため、ほかの車両や人との接触事故などを未然に防止することが可能になる。

 ニュルブルクリンクは、2025年のグランプリレースシーズンまでに同システムの実運用開始を目指しており、富士通では今回の実証実験による有効性検証を踏まえて、今後2年間でノルドシュライフェのレーストラック全域に追加のHDカメラ100台の増設とAI機能の強化を行い、約21kmに及ぶ同レーストラックの監視による安全対策を支援していくとしている。

「ノルドシュライフェ」のコースにおけるAIによる車両などの識別映像(左)とAIによる対象種別ごとの可視化(出典:富士通)
「ノルドシュライフェ」のコースにおけるAIによる車両などの識別映像(左)とAIによる対象種別ごとの可視化(出典:富士通)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]