マクニカと横浜FC、最先端技術を活用してスポーツビジネスを変革へ

NO BUDGET

2023-01-31 15:05

 マクニカと横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)は1月31日、最先端技術を活用したさらなるスポーツビジネスの変革と進化を進めていくと発表した。両社は2021年シーズンからオフィシャルテクノロジーパートナー契約を締結している。

 スポーツの世界において、データを活用することは当たり前となっているが、より一層の強いチームづくりのためには、さまざまなデータを活用した練習や戦術の構築がこれまで以上に不可欠となっている。

 横浜FCは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ「横浜FC」の運営会社。

 マクニカは現在、自社が有する人工知能(AI)の専門家組織などを生かし、横浜FCが行いたい戦略分析を1つのプラットフォームで実施できるようにシステム実装し、戦力アップを支援している。またさまざまなテクノロジーを活用したスポーツビジネスの変革や進化を支援するコンサルティングサービスを提供している。

 2023年シーズンにおいては、マクニカはマッチスポンサーとして、来場者に最先端のテクノロジーを体感してもらう機会も用意していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]