「サイバーセキュリティ月間」がスタート、基本対策の徹底で職場も家族も守るべし

國谷武史 (編集部)

2023-02-01 16:36

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)らが推進する「サイバーセキュリティ月間」(特設サイト)が2月1日にスタートした。期間は3月18日まで。期間中はイベントやオンラインなど通じてサイバーセキュリティに対するさまざまな啓発活動が行われる。

内閣サイバーセキュリティセンター 副センター長 内閣審議官の吉川徹志氏
内閣サイバーセキュリティセンター 副センター長 内閣審議官の吉川徹志氏

 同日開催のキックオフイベントに登壇したNISC 副センター長 内閣審議官の吉川徹志氏は、「サイバー攻撃は各種メディアでも日常的に取り上げられ、ランサムウェア攻撃やフィッシング詐欺などに誰もがさらされる脅威となっている。サイバー攻撃は高度な技術を持つ者が行うイメージをもたられるが、実際にはきちんとアップデートを実施するなどの基本的なセキュリティ対策の徹底が被害を防ぐ近道になる」とあいさつした。

 2023年の同月間に合わせてNISCでは、下記の「サイバーセキュリティ対策9カ条」を公開。吉川氏は、特に企業ではサイバー攻撃によってビジネスが停止に追い込まれるなどの深刻な被害に遭う恐れがあり、「サイバーセキュリティを企業リスクとして、しっかりと認識していただきたい」とした。

  1. OSやソフトウェアを常に最新の状態にしておこう
  2. パスワードは長く複雑にして、ほかと使い回さないように使用
  3. 多要素認証を利用しよう
  4. 偽メールや偽サイトにだまされないように用心しよう
  5. メールの添付ファイルや本文中のリンクに注意しよう
  6. スマートフォンやPCの画面ロックを利用しよう
  7. 大切な情報は失う前にバックアップしよう
  8. 外出先では盗難・紛失・のぞき見に注意しよう
  9. 困った時は一人で悩まず、まず相談しよう

 また、フリーアナウンサーの宇賀なつみさんとサイバーリスクマネジメント専門家の名和利男氏を起用して、企業経営層向けにサイバーセキュリティを啓発する全10回構成(各回3分程度)の動画を2月20日から公開するほか、3月17日には経営層向けのオンラインセキュリティセミナーも実施する。また、各府省庁などが参加するサイバーセキュリティ競技会「NISC CTF」も開催することにしている。

2月20日から公開される企業経営層向けのセキュリティ啓発動画のワンシーン
2月20日から公開される企業経営層向けのセキュリティ啓発動画のワンシーン

 キックオフイベントには同月間の広報役を務める女優の髙橋ひかるさんも登壇。普段からスマートフォンの画面ロックを利用するなどセキュリティ対策を心がけていると紹介し、「基本的なセキュリティ対策をしっかりと行うことで、家族も職場も守ることができますし、全員参加でセキュリティに取り組んでいきましょう」と呼び掛けた。

「サイバーセキュリティ月間」広報役を務める女優の髙橋ひかるさん
「サイバーセキュリティ月間」広報役を務める女優の髙橋ひかるさん

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]