オリコ、次期情報系基盤に「Exadata Cloud@Customer」を採用

NO BUDGET

2023-03-28 13:33

 オリエントコーポレーション (オリコ)は、2024年に更改する新しい情報系基盤の本番環境に「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の「Oracle Exadata Cloud@Customer」を採用した。日本オラクルが3月27日に発表した。

 Exadata Cloud@Customerは、自社データセンター内でクラウドデータベースをサブスクリプションで利用可能なサービス。個人情報/クレジットカード情報の保護、サイバー攻撃など高まるセキュリティリスクへの対応能力も高い。オリコでは、「Oracle Database」をハイブリッドクラウド環境で利用できることを大きな採用ポイントして挙げている。

 これまで、オリコの情報系基盤は、売り上げ、顧客、加盟店、契約、延滞などの基幹システムに加え、会員向けサイト、与信、会計などの周辺システムを保有し、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールや分析ツールによって可視化やスコアリングモデル構築などに活用されてきた。

 2000年のオープンシステム化に伴いOracle Databaseを採用、2013年には大量データを高速に活用することを目的に「Oracle Exadata」を導入し、2020年から柔軟な運用・保守によるコスト削減を目的に開発環境でOCIの「Oracle Exadata Database Service」を活用している。

 同社は重点市場の深耕と新規探索、マーケットイン型営業の確立、異業種・先端企業との協働による新商品・サービス創出、プロセスイノベーションの深掘を事業戦略としており、これらの事業戦略を支える情報系基盤として、大量かつ多様なデータが蓄積でき、さまざまなビジネスニーズに応じて拡張・適応できることが求められていた。

 オリコは今後、現在の情報系基盤に多種多様なデータを柔軟に扱えるデータレイク領域と、各種データをBIツールや外部連携などマルチに使えるデータマート領域を拡張し、データの利用/活用を促進する基盤へと整備していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]