トップインタビュー

プライバシーやAIの側面を見失うことなかれ--Signal会長のウィッテカー氏

國谷武史 (編集部)

2023-04-06 06:00

 メッセンジャーアプリ「Signal」を開発するSignal Foundation プレジデントのMeredith Whittaker(メレディス・ウィッテカー)氏は、Googleやニューヨーク大学のAI Now Institute、米連邦取引委員会(FTC)の要職を歴任し、AIの倫理や政策、AIが必要とするデータや、プライバシーに対する懸念などについてさまざな提言を行ってきた。講演のために来日した同氏に、Signalの取り組みとプライバシーやAIを取り巻く現状について見解を聞いた。

Signal プレジデントのMeredith Whittaker氏
Signal プレジデントのMeredith Whittaker氏

--まずSignalの特徴について教えてください。

 Signalはメッセージングアプリです。「LINE」や「WhatsApp」などのメッセンジャーと似ているところもありますが、Signalの特徴は、ユーザーの情報を収集することは一切なく、完全にプライバシーを保護している点です。Signalでは、エンドツーエンド(E2E)で強力な暗号化を採用しており、ユーザーのメッセージは、ユーザーとそれを伝えた相手にしか分かりません。Signalも政府機関などもユーザー同士がどのようなやりとりをしているのかは全く知り得ないのです。

 そして、メッセージのコンテンツだけでなくメタデータも暗号化によって保護しています。ですから、Signalとして、ユーザーがどのような人物なのか、ユーザーのアドレス帳にどのような人が登録されているのか、グループチャットにどのような人々が参加しているのかなども知り得ません。このような形でユーザーに安全性とプライバシーの保護を提供しているメッセンジャーは、世界では他にありません。

 また、Signalには研究調査のチームもあります。ここでは、他のメッセンジャーがセキュリティやプライバシーの保護をより強化していくために必要なものを研究しており、2013年に「Signalプロトコル」(旧称はTextSecureプロトコル)を発表しました。Signalプロトコルは、E2E暗号化のための手法であり、Signalプロトコルを用いてメッセージのコンテンツを保護します。このプロトコルによってメッセージングを取り巻く環境は大きく変わり、現在ではWhatsAppや「Facebook Messenger」などもSignalプロトコルを(アプリによっては部分的に)採用しています。

 このようにわれわれは、Signalとそれ以外を含めたプライベートメッセージングの基盤を確立しました。Signalとしては、メッセージコンテンツのプライバシーとメタデータの双方を暗号化により引き続き保護していきます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]