京セラ、ノーコードデータ連携ツールを導入--年間約1400時間の⼯数削減

NO BUDGET

2023-05-23 13:36

 京セラは、ノーコードデータ連携ツールの「ASTERIA Warp Core」(Warp Core)を導入した。提供元のアステリアが発表した。

 Warp Coreは、低価格かつノーコードでシステム連携基盤の構築やデータ統合が可能。100種類以上のアプリやサービスと連携するアダプターにより、各種クラウドサービスや基幹システムなど、さまざまな場所に格納されたデータとの連携が可能となる。

 京セラの機械工具事業本部では、プログラミング経験のない従業員がWarp Coreを使い、全社基幹システムと事前に構築していた拠点横断情報集約データベースを連携させた「統合データベース」や、スケジュール実行機能、RPAツールと連携したデータ自動連携基盤を開発した。

 これにより、年間約1400時間相当の業務工数の削減が可能となり、拠点ごとに独自で行っていた従来の情報管理から脱却できた。また、製造拠点を横断したMDM(マスターデータマネジメント)も強化している。

 同本部では、世界各国で切削工具の開発・製造を行っており、従来設計・製造データは「Excel」や「Access」を活用した各拠点独自のシステムで管理・運用していた。そのため、拠点間での情報管理やデータ統合がスムーズにできないという課題を抱えていた。

 そこで、同本部では「kintone」で設計・製造データを集約する「拠点横断情報集約データベース」を構築し、運用を開始した。さらに、同データベースと全社基幹システムを連携させた高度なデータ活用の推進についても準備を進めていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]