Pure//Accelerate 2023

ピュア・ストレージ、第4世代「FlashArray」を発表--ランサムウェア回復サービスも提供

渡邉利和

2023-06-15 07:30

“Coz”の愛称で親しまれる、Pure Storage 共同創業者のJohn Colgrove氏。現在はChief Visionary Officerという役職を務める。ユーザー企業とともに最新のストレージ動向について簡潔に語った
“Coz”の愛称で親しまれる、Pure Storage 共同創業者のJohn Colgrove氏。現在はChief Visionary Officerという役職を務める。ユーザー企業とともに最新のストレージ動向について簡潔に語った

 米Pure Storageは6月14~16日の3日間、米国・ラスベガスで年次イベント「Pure//Accelerate 2023」を開催する。初日の基調講演に先だって開かれた記者会見では、会期中に予定されている主な発表について明らかにされた。ここではその内容を紹介する。

 まず、主力製品である「FlashArray」のXシリーズとCシリーズが第4世代(R4)に進化した。主にハードウェア面での性能強化が図られており、パフォーマンスが最大40%向上するほか、インライン圧縮機能のアルゴリズム改善と処理性能強化によってデータ圧縮後の実効容量が約30%増加している。新たな関連サービスとしてランサムウェアからの回復サービスも発表された。

FlashArrayシリーズが第4世代に進化

 FlashArrayには、パフォーマンス指向の「FlashArray//X」とコストパフォーマンス指向の「FlashArray//C」、セカンダリーストレージ市場向けの「FlashArray//E」がある。

 まずはXシリーズとCシリーズが第4世代に進化し、「FlashArray//X R4」「FlashArray//C R4」として提供が開始される。主要コンポーネントには業界最新の製品や規格が採用されており、前世代と比べて大幅な性能向上が図られているという。

第4世代FlashArrayの性能向上幅は、これまででも最大だという
第4世代FlashArrayの性能向上幅は、これまででも最大だという
大幅な性能向上の実現に寄与した要素技術
大幅な性能向上の実現に寄与した要素技術

 コントローラーには最新世代の「Intel Xeon」プロセッサーを搭載し、DDR5メモリーやPCIe Gen4といった最新規格に対応した。ソフトウェア面では、最新世代のストレージOS「Purity」ではブロックアクセスとファイルアクセスの統合がなされており、さらにXシリーズと/Cシリーズのアーキテクチャー統合も進展しているため、その差が分かりにくくなってきている。主な違いとなるのは、ストレージメディアの差でXシリーズではパフォーマンス重視のTLC(Triple Level Cell)を、Cシリーズでは容量指向のQLC(Quad Level Cell)を採用していることが主な違いとなる。

 ストレージメディアでは、同社が「DFMD」(DirectFlash Modules with non-volatile RAM)と呼ぶ独自仕様のモジュールが使用され、性能向上と実装密度向上を両立している。最新のQLCベースのDFMDでは最大75TB、TLCでは最大36TBのDFMDがそれぞれ使用可能だ。TLCではセル当たり3ビットのデータを、QLCではセル当たり4ビットのデータを記録できるため、36TBのTLCと同世代のQLCであれば48TB程度の容量になりそうなものだが、実際にはTLCの約2倍近い75TBに到達している。

同社が現在注力するDFMモジュールの概要。QLC版の75TBという容量は業界でも最大を達成したという
同社が現在注力するDFMモジュールの概要。QLC版の75TBという容量は業界でも最大を達成したという
容量以外にも、さまざまな指標において大幅な向上を果たしているという
容量以外にも、さまざまな指標において大幅な向上を果たしているという

 この点について関係者に聞いてみたところ、36TBのTLCモジュールは現状では最大レベルの容量だが、QLCに関してはいわば容量拡大にフォーカスしてパフォーマンスなどを犠牲にする決断をしたことで75TBという圧倒的ともいえる容量を実現したという。

 QLCベースのモジュールはHDDの置き換え需要を狙うEシリーズにも活用され、HDDに代わってオールフラッシュストレージがあらゆるニーズに対応していくという予想がいよいよ現実化しつつあると感じさせる。

FlashArray関連の新発表を行った、Pure Storage FlashArray事業部門バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのShawn Hansen氏
FlashArray関連の新発表を行った、Pure Storage FlashArray事業部門バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのShawn Hansen氏

 また、インラインデータ圧縮機能の強化に関しては、独自開発のデータ圧縮アルゴリズムをさらに改良して圧縮率を高めるとともに、新しいハードウェアアクセラレーターを開発・実装したことで、データ圧縮の処理能力を高めた成果だという。最新世代のハードウェアを活用し、さらにその機能や性能を享受できるようソフトウェア側の最適化も図るアプローチは、このところの同社の製品戦略の中核を成すものだ。

 同社が半導体メーカー製のSSDではなく独自開発のDFMDの活用にかじを切った理由も同様で、ハードウェアとソフトウェアの両方を自社開発し、統合的な最適化を図っていくことで、競合他社が容易に追従できない高水準の製品を投入できていると言えるだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]