松岡功の「今週の明言」

SASのCTOがほのめかしたAI&アナリティクスの「ライトな」製品計画

松岡功

2023-08-18 10:57

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉を幾つか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、SAS Institute EVP 兼 CTOのBryan Harris氏と、IIJ 代表取締役社長の勝栄二郎氏の発言を紹介する。

「SASのAI&アナリティクスを簡単に使ってもらえる製品を間もなく提供する」
(SAS Institute EVP 兼 CTOのBryan Harris氏)

SAS Institute EVP 兼 CTOのBryan Harris氏
SAS Institute EVP 兼 CTOのBryan Harris氏

 米SAS Institute(以下、SAS)の日本法人SAS Institute Japanは7月27日、ユーザー企業向けにAI&アナリティクスの最新動向や活用事例を紹介するプライベートイベント「SAS INNOVATE ON TOUR」を都内で開催した。冒頭の発言は、この機に米国本社から来日して同イベントで基調講演およびメディアのグループインタビューを行ったEVP(エグゼクティブバイスプレジデント) 兼 最高技術責任者(CTO)のBryan Harris(ブライアン・ハリス)氏が、グループインタビューで「SASのAI&アナリティクスをもっと多くのユーザーが簡単に使えるようにする製品を出すつもりはあるか」と聞いた筆者の質問に答えたものである。

 その質疑応答の前に、Harris氏が同イベントの基調講演で話した「SASが目指す方向性」についての内容も興味深かったので紹介しておこう。

 同氏はSASが目指す方向性として、「データ管理の強化」と「ジェネレーティブAI(以下、生成AI)との一元化」を挙げた。

 データ管理の強化については、これまでの一般的なデータ管理は時間的に80%を加工に費やしており、分析は20%に過ぎなかった。しかし、SASのAI&データ管理基盤である「SAS Viya」では、加工は20%で分析に80%を費やせるようにしており、さらに分析に注力できる方向へ強化していく計画だ。

 生成AIとの一元化については、SAS Viyaにおいて合成データやコードとフロー、マーケティングコンテンツの生成に活用し、データ管理における生産性や信頼性、コストパフォーマンスのさらなる向上を図っていく構えだ(写真1)。

写真1:SASが目指す方向性(「SAS INNOVATE ON TOUR」の基調講演にて撮影)
写真1:SASが目指す方向性(「SAS INNOVATE ON TOUR」の基調講演にて撮影)

 そして、グループインタビューでは、「SASのAI&アナリティクス製品はデータ分析のエキスパートだけが使用する印象があるが、もっと幅広くビジネスパーソンや中小企業でも手軽に使えるようなライトな製品を出すつもりはあるか」との筆者の質問に、Harris氏は次のように答えた。

 「SASのAI&アナリティクスをさらに世の中に広げていくために、これまでよりもっと簡単に使える製品を提供してユーザーの裾野を広げていく必要があることは、私も認識している。SASはこれから、さらに幅広いマーケターの要望に応えていかなくてはならない。そうしたニーズに対応する製品も開発しており、間もなく提供する計画だ」

 冒頭の発言は、このコメントから抜粋したものである。

 さらに、Harris氏は生成AIについて、「非常にエキサイティングなテクノロジーだ。ただし、生成AIはあくまでもAI全体のコンポーネントの一つに過ぎない。今後、さまざまな用途に対してさまざまなAIの機能が使われるようになる。SASはそれらをいち早くアナリティクスに生かしていく」とも語った。CTOの顔が前面に出たコメントだった(写真2)。

写真2:右から、Harris氏、SAS Institute Japan 代表取締役社長の手島主税氏(グループインタビューにて撮影)
写真2:右から、Harris氏、SAS Institute Japan 代表取締役社長の手島主税氏(グループインタビューにて撮影)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]