日立製作所、アズ・ア・サービス型ITプラットフォームを拡大

ZDNET Japan Staff

2023-09-19 15:29

 日立製作所は9月19日、アズ・ア・サービス型で提供するITプラットフォーム「EverFlex from Hitachi」(EverFlex)のポートフォリオを拡大し、新たに「仮想化基盤」「ワークスペース基盤」を追加して提供すると発表した。

 EverFlexは、パブリッククラウド環境とオンプレミス環境をシームレスかつ高信頼に連携して利用できるようにするサービスで、データ連携基盤などのメニューをそろえる。

 今回の施策について同社は、企業顧客がオンプレミスのIT基盤とパブリッククラウドとシームレスに連携させる上で、レガシーシステム環境からの脱却や、開発・運用環境のモダナイゼーション(近代化)などの複雑な課題を解決する必要があると指摘。このためEverFlexのデータ基盤における実績や基幹システムのクラウド化におけるシステムインテグレーション、運用での知見やノウハウを生かし、EverFlexのポートフォリオを10種類に拡大して顧客の課題解決に対応するとした。

「EverFlex from Hitachi」の新しい内容
「EverFlex from Hitachi」の新しい内容

 新たに追加した「仮想化基盤」のメニューは、「Red Hat OpenShift Container Platform」と日立の技術やノウハウを組み合わせ、パブリッククラウドとシームレスに連携するコンテナー基盤を提供し、オンプレミス基盤での効率的な運用の支援による運用負担の低減とコスト適正化もサポートする。

 他方の「ワークスペース基盤」では、「ゼロトラスト」のセキュリティ環境や「Microsoft 365」などを活用したセキュリティリスクを軽減するワークスペース基盤を提供する。クライアント端末の紛失や盗難時のデータ自動消去による情報漏えい対策なども備え、基盤全体の運用や監視を日立が実施することで、顧客の運用負担を最小限に抑えるという。

 提供開始日は、仮想化基盤が10月2日、ワークスペース基盤が10月16日。料金はいずれも個別見積もりとなっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]