大成建設、年60万件を処理する経費精算システムをクラウドに移行

ZDNET Japan Staff

2023-10-02 14:35

 大成建設は、TISが提供するクラウド型経費精算システム「Spendia」を導入した。2022年7月に既存の自社開発システムから移行した。同社では、建設現場とバックオフィス部門の従業員が年間約60万件の経費申請を行っている。

 同社が2000年代初頭に自社で開発した経費精算システムは、老朽化による保守性の低下やモバイル対応、新制度対応への難しさを理由に2016年ごろから刷新を検討していた。移行先としてクラウド型サービスが挙がったものの、同社独自の要件に対応できない点が多く、導入の障壁となっていた。

 Spendiaは、クラウド型サービスでありながらカスタマイズが柔軟にできる点や、スマートフォンファーストの使いやすいユーザーインターフェース(UI)設計が特徴。同社が求める新機能を開発・実装するという対応力も評価された。

 2021年1月に始まった導入プロジェクトでは、拠点単位での経費処理・承認やコーポレートカードの連携などの新機能を開発したほか、人事系システムや管理会計システムとの連携も実現した。これにより、最新の組織情報の自動反映や予算/実績管理の精度向上などが可能になった。

 導入後、従業員はスマートフォンやPCからいつでもどこでも経費申請・承認ができるようになった。また、紙の領収書や精算書の回付も不要となり、電子申請だけで完結可能になった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]