SuiteWorld

AIスタートアップのCohere、「NetSuite」でグローバルなAI需要の拡大に対応

藤本和彦 (編集部)

2023-10-18 10:35

 Oracleは米国時間10月17日、カナダに拠点を置くAIスタートアップのCohereがクラウドERP「Oracle NetSuite」を採用したと発表した。

 Cohereは2019年に創業の企業で、情報の探索、生成、検索、分析を支援するAI技術を提供している。4億ドル以上の資金を調達しており、トロント、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンに200人以上の従業員を抱える事業規模に成長。そこで、財務システムを強化し、手動プロセスへの依存度を下げる必要があった。

 同社は事業が拡大する中、NetSuiteの導入によって業務効率を高め、より多くの情報に基づいた意思決定を目指している。「NetSuite Revenue Recognition」により、収益管理プロセスの自動化と決算の早期化を狙うとともに、「NetSuite OneWorld」を用いてリアルタイムの通貨換算や財務報告の統合を進める。これにより、会計や税金といった現地の規制要件への準拠を強化する。

 Cohereの社長 兼 最高執行責任者(COO)であるMartin Kon氏は「当社のビジネスは極めて急速に成長しており、NetSuiteは煩雑になっていた手動の財務報告システムに比べて、大きな効率化をもたらしている。われわれは、NetSuiteの顧客であるとともに、テクノロジーパートナーとしても顧客がAIによる生産性の向上を享受できるよう支援できることを楽しみにしている」

 なお、Oracleは6月、Cohereと連携することで、全世界の組織向けに強力な生成AIサービスを開発する計画を発表している。

「SuiteWorld 2023」の基調講演にゲスト登壇したCohereのMartin Kon氏(右)
「SuiteWorld 2023」の基調講演にゲスト登壇したCohereのMartin Kon氏(右)

(取材協力:日本オラクル)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]