松岡功の一言もの申す

ガートナーが警鐘を鳴らす「クラウドの2026年問題」とは

松岡功

2023-11-22 10:30

 ガートナージャパンがIT化に取り組む企業に向け、「クラウドの2026年問題」を訴求している。どういうことか。同社の名物アナリストの話から解き明かしたい。

20年たっても「クラウドはまだ早い」は問題

ガートナージャパン ディスティングイッシュトバイスプレジデント アナリストの亦賀忠明氏
ガートナージャパン ディスティングイッシュトバイスプレジデント アナリストの亦賀忠明氏

 「2026年はクラウドコンピューティングが世に出て20年。この間、『クラウドはまだ早い』と何も手をつけてこなかった企業は、いよいよ時代に取り残されることが顕著になってくる」

 ガートナージャパン ディスティングイッシュトバイスプレジデント アナリストの亦賀忠明氏は、同社が11月13~15日に都内ホテルで開いた「Gartner IT Symposium/Xpo 2023」でのクラウド最新動向をテーマにした講演で、IT化に取り組む企業に向けてこう警鐘を鳴らした。これが、「クラウドの2026年問題」である。同氏によると、「(現在、クラウド市場をリードする)Amazon Web Services(AWS)が、創業して活動を始めたのが2006年。これを起点にした」という。

 物流分野を中心とした「2024年問題」、企業のIT化で取り沙汰される「2025年の崖」に続く大問題になるかもしれない。同氏の話を聞いて、筆者もそう強く感じたので、今回はこの問題を取り上げたい。

 クラウドの2026年問題が起こり得る可能性として、亦賀氏は次の6つを挙げた。

  1. クラウドが登場して20年たっても「クラウドを使うのはまだ早い」という認識のユーザーが30%存在する可能性
  2. 「2025年の崖」を越えられなかったユーザーが、レガシーシステムをさらに2030年まで継続する可能性
  3. オンプレミス対クラウドの議論を継続するユーザーが40%存在する可能性
  4. ベンダーへの丸投げ状態から脱却できないユーザーが30%存在する可能性
  5. クラウド化してもコストが下がらないというユーザーが40%存在する可能性
  6. システムインテグレーション(SI)、仮想ホスティングとクラウドの違いが分からないというユーザーが30%存在する可能性

 こうした可能性を挙げた上で、同氏は「クラウドの基本についての理解度を再点検する必要がある」と指摘した。

 上記の6つの中で、「30%」より割合がもっと大きいのではないかと思われるのが、6つ目の「SI、仮想ホスティングとクラウドの違い」だ。それを分かりやすく示したのが、図1である。同氏は違いについて、「SIは手組みによる構築、仮想ホスティングはサーバ分割の集合、クラウドは数百種のサービス部品の集合体」と説明し、「これらは全く別物。20年たってもこの違いが分からないというのは致命的だ」と警鐘を鳴らした。

図1:SI、仮想ホスティングとクラウドの違い(出典:「Gartner IT Symposium/Xpo 2023」亦賀氏の講演資料)
図1:SI、仮想ホスティングとクラウドの違い(出典:「Gartner IT Symposium/Xpo 2023」亦賀氏の講演資料)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]