IT企業の年頭所感

「AI戦略」の土台としてデータ基盤の構築を支援--Snowflake・東條社長

ZDNET Japan Staff

2024-01-04 14:00

 2024年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

Snowflake 社長執行役員 東條英俊氏

 2023年は大規模言語モデル(LLM)に代表される生成AIの登場によって変革の年となりました。テクノロジー各社はさまざまな言語モデルをリリースして新しい使い方を提案する一方、企業側もこれらの言語モデルを社内の生産性向上のため、日常業務の効率化や顧客向けサービスに組み込み満足度の向上を測るなど、さまざまな動きが見られました。

 Snowflakeはデータクラウドを推進し、企業のデータ基盤としてDX戦略を支えてきましたが、こうした技術動向を踏まえ、データのさらなる活用を促進させる機能拡張も進めました。具体的には、コンテナーサービスの実装により生成AIなど高度な技術をSnowflake上で直接動かせるようにしたり、Streamlitの買収によりPythonを使ったアプリケーション開発機能をリリースしました。

 また、「Snowflakeマーケットプレイス」で提供されるデータやアプリケーションも増加しました。企業が外部データを取り込むことにより、これまでは実現できなかった解像度でデータ分析が進みました。こうした取り組みはお客さまを中心に据えたSnowflakeのコア戦略に基づく行動であり、今後も続けてまいります。

 2024年も、引き続き生成AIをはじめ企業内でのAI利用が進展し、生産性の向上や省人化に寄与すると考えられます。確かな成果を上げるためには、自社データや信頼できる外部データに基づいた言語モデルのチューニングやカスタマイズが重要ですが、同時にセキュリティの担保、データガバナンスへの取り組みは急務となるでしょう。これも堅牢なインフラ基盤があって実現できることであり、「AI戦略」を進めるためにも土台となる「データ戦略」を見直し、サイロ化を解消しデータを一元管理できるデータ基盤の構築を目指すお客さまをSnowflakeは全面的に支援していきます。

 整備されたデータ基盤の上では、生成AIの実装や関連会社とのデータ共有、データによる収益化など幅広い施策が可能になります。Snowflakeは引き続きお客さまのミッションに寄り添い、ビジネス価値を最大化する施策を、スピード、コスト、セキュリティを犠牲にすることなく支援していきます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]