日本マイクロソフト、「Dynamics 365」「Power Platform」向けにCopilot機能を提供

藤本和彦 (編集部)

2024-01-24 09:30

 日本マイクロソフトは1月23日、「Dynamics 365」「Power Platform」などビジネスアプリケーションの最新動向を紹介する報道向け説明会を開催した。

 ビジネスアプリケーション事業本部 本部長の野村圭太氏は、同社が提供するビジネスアプリケーションの特徴として「1つの共通データモデル上に構築された、CRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)アプリケーション」である点を挙げ、「CRM、ERP、ローコードのための世界初のビルトイン『AI Copilot』を搭載」していると強調した。

 変化の激しいビジネスの世界においては、「サイロ化したチームとデータ」「技術革新の遅さ」「仕事に対する充実感の欠如」などが変化への対応の遅れにつながるといい、AI Copilotの登場により、「これからのビジネスアプリケーションは本質的に再考される」(野村氏)

 「13万を超える組織がDynamics 365とPower PlatformのCopilotを体験している」(同氏)

 Dynamics 365には、ビジネスパーソンを支援するAI搭載のアシスト機能として「Copilot for Dynamics 365」と「Copilot for Sales/Service」が組み込まれている。自然言語を利用してアイデアやコンテンツをより早く生み出したり、タスクの実行や自動化を高速化したり、インサイトと次善の策を得たりすることが可能。

Copilot for Dynamics 365の概要
Copilot for Dynamics 365の概要

 ビジネスアプリケーション事業本部 GTMマネージャーのサンタガタ麻美子氏は、主な差別化ポイントとして「Dynamics 365にネイティブに組み込まれたCopilotの機能」「『Microsoft 365』とのシームレスな連携」「『Azure OpenAI Service』を搭載」「責任あるAIの実践、企業のデータを安全に守る」「Enterprise版で追加料金なしに利用可能」を挙げた。

 実際同社では、営業担当者の83%がCopilot for Salesによって事務作業を削減し、生鮮性が向上したと回答しているという。

 また、「Copilot for Microsoft 365」のロール特化型ソリューションとして「Microsoft Copilot for Sales/Service」も紹介された。

 Copilot for Salesは、「Sales Copilot」として提供されていた「Outlook」「Teams」、CRMとの連携の拡張や、「Word」「PowerPoint」などのCopilot機能の拡張機能を提供する。Dynamics 365 Salesに加え、「Salesforce CRM」にも接続可能。

 Copilot for Serviceは、既存のコンタクトセンターやCRMソリューションに統合可能で、エージェントの生産性を向上する。現状では「Salesforce」「ServiceNow」「Zendesk」への対応が明らかにされている。

 両ソリューションとも月額50ドルで、Copilot for Microsoft 365を契約済みの場合は月額20ドルとなる。2024年2月1日から一般提供を開始する。

 次に、AI Copilotを内蔵するローコード開発基盤として位置付けられるのがPower Platformになる。ビジネスアプリケーション事業本部 GTM Managerの内田真美氏は「必要なものを自然言語で記述するだけで、新しいアプリを作成できる」と説明する。データ作成からユーザー体験(UX)のカスタマイズまで、複数回の会話を経て、作業を進めていくことが可能という。

Power PlatformにおけるCopilotの概要
Power PlatformにおけるCopilotの概要

 また、カスタムされたCopilotをローコードで開発可能な統合プラットフォームとして「Microsoft Copilot Studio」も用意する。1100以上のプラグインとコネクターを標準搭載し、独自のCopilotをゼロから作ることができる。

Microsoft Copilot Studioの提供形態
Microsoft Copilot Studioの提供形態

 説明会の最後には、Copilot for Dynamics 365の活用サービス「Copilot Accelerator」が紹介された。「IT管理者向け教育メニュー」「ユーザー向けトレーニング支援」「適用シナリオの整理」「効果等目標設定」「効果モニタリング」などを支援する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]