デル、自社のAI戦略を解説--パートナーエコシステムで自社製品を強化

ZDNET Japan Staff

2024-01-26 16:38

 デル・テクノロジーズは1月26日、同社のグローバルAI戦略について勉強会を開催し、デジタル トランスフォーメーション オフィス 最高デジタル責任者(CDO)のAjaz Munsiff(エイジャズ・ムンシフ)氏が登壇した。

 デル・テクノロジーズは戦略の柱として、自社製品やソリューションにAIを内蔵する「AI-in」、同社のソリューション上でAIのワークロードを実行する「AI-on」、自社でのAI活用「AI-for」、パートナーエコシステムとともに顧客のAI活用を支援する「AI-with」を掲げる(図1)。

 AI-inではPC用ソフトウェア「Dell Optimizer」などに従来型AIを搭載しており、AI-onではテスト済みソフトウェア/ハードウェアで構成され、顧客がすぐに利用できる生成AIに特化した基盤「Dell Validated Design for Generative AI」などを提供している。

図1:デル・テクノロジーズのAI戦略 図1:デル・テクノロジーズのAI戦略
※クリックすると拡大画像が見られます
デル・テクノロジーズ デジタル トランスフォーメーション オフィス CDOのAjaz Munsiff氏
デル・テクノロジーズ デジタル トランスフォーメーション オフィス CDOのAjaz Munsiff氏

 AI-forでは、デル・テクノロジーズのIT部門が中心となって社内の生成AI活用を推進しており、コーディングやカタログの作成、カスタマーサービスなどに用いている。AI-withでは、パートナーとの連携に注力しており、同社は民間企業のほか、大学や研究機関、大規模言語モデル(LLM)のオープンソースを提供する企業、政府・官公庁と連携している。

 生成AIの活用では、大量のコンピュート/ストレージ/ネットワークを要する。Validated Design for Generative AIのコンピュート部分では連携関係にあるNVIDIAのGPUアクセラレーター、ソフトウェア部分では同社のAIオペレーティングシステム(OS)を用いている。同基盤は、同じく連携しているMetaの「Llama 2」ほか、あらゆるLLMに対応しているという(図2)。

図2:Dell Validated Design for Generative AI 図2:Dell Validated Design for Generative AI
※クリックすると拡大画像が見られます

 国内では、効果予測AIで広告効果を最大化する「極予測AI」を展開するサイバーエージェントが、和製生成AI開発とデジタル広告の機械学習(ML)基盤に最新GPU搭載のサーバー「Dell PowerEdge XE9680」を採用した(図3)。同サーバーの利用で従来比5.14倍、アルゴリズムの最適化で十数倍の性能向上が期待されるという。

図3:サイバーエージェントにおけるPowerEdge XE9680の活用 図3:サイバーエージェントにおけるPowerEdge XE9680の活用
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]