「Go」、2月のTIOBE指標で過去最高8位に

河部恭紀 (編集部)

2024-02-13 12:16

 「Go」が2月のTIOBE指標で8位に浮上した。同プログラミング言語にとって過去最高位だという。

 Googleが2009年11月に同社初の独自プログラミング言語であるGoを発表すると、同言語は瞬く間に人気となったとTIOBE Softwareの最高経営責任者(CEO)であるPaul Jansen氏は振り返る。ソフトウェアコミュニティーは興奮し、登場後わずか2カ月で同年の「プログラミング言語オブザイヤー」を受賞したという。

 しかし、興奮は急速に収まり、Goは2015年に122位へと大幅に順位を落とした。1年後、Goは、厳格な半年のリリースサイクルを採用し、リリースごとに改善された。並行して、Goで書かれた「Docker」や「Kubernetes」が2016年に普及し始めたことは、同言語への信頼が回復するきっかけとなったと同氏。

 現在、Goは、バックエンドプログラミング、ウェブサービス、APIとソフトウェア分野で幅広く活用されている。業界での採用増加により、Goは、TIOBE指標のトップ10に長らくとどまる資質を備えた言語だと思われるとJansen氏は語る。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]