NEC、広島市の介護予防・フレイル対策事業のデジタル化を支援

NO BUDGET

2024-02-16 13:40

 NECは、広島市に高齢者の健康状態に関する情報の収集、課題の把握、可視化する仕組みを提供すると発表した。この仕組みにはデジタル技術を利用しており、同市がこれまで取り組んできた介護予防・フレイル(虚弱)対策を強化・支援する。こうした取り組みは中四国初だという。

 具体的には、「NEC歩行姿勢測定システム」とNECが開発したタブレット利用の高齢者向け健康情報入力システムを導入した。

 タブレットによる情報入力システムは、高齢者の健康情報をデータ化する職員の作業を低減する。収集されたデータは、「健康チェックシートの結果」として可視化した帳票を印刷して当日にその場で高齢者に提供する。情報を取得・蓄積することで、過去3回分の結果の比較が可能な「ふりかえりシート」の提供も行う。

 このシステムは、広島市および市内の41地域包括支援センター、リハビリテーション専門職などで連携し、介護予防教室や測定会・地域介護予防拠点(通いの場)などで使用する。その中で、高齢者の一人一人の状態に応じた効果的な指導を行う。また、介護予防・フレイル対策事業を通して蓄積されるデータは、多職種・地域間で共有し、事業成果の客観的な把握や地域・集団に応じた効果的な施策検討に活用する。

 広島市では以前から、高齢者自身が健康づくりや介護予防に取り組めるよう、住民が主体となって身近な場所で介護予防に取り組む地域介護予防拠点(通いの場)の立ち上げ・支援に注力してきた。年々参加者数も増加し、週1回以上の参加率が政令市の中で1位となっているという。しかし、高齢者のさらなる増加と生産年齢人口減少の問題から、より効果的な取り組みが必要となっていた。

参加当日や後日提供される帳票のイメージ
参加当日や後日提供される帳票のイメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]