LINE WORKS、freee人事労務との連携アプリに「申請承認機能」を追加

NO BUDGET

2024-02-26 17:03

 LINE WORKSは、「LINE WORKS」と「freee人事労務」との連携アプリケーション「チャットで勤怠(freee人事労務)」で申請承認機能を提供開始した。

 これにより、申請する側も承認する側もLINE WORKS上のチャットベースの操作のみで各種勤怠業務を完結できるようになる。

 チャットで勤怠は建設業、運送業、医療などを中心に、外出や現場作業が多い業種でも場所にとらわれずに勤怠作業・勤怠管理ができる。LINE WORKSの分かりやすいユーザーインターフェース(UI)で、スマホ・タブレット上から勤怠にまつわる業務をスムーズに行うことができ、勤怠作業の不備を減らせる。これにより労務担当者と従業員間のコミュニケーションコストの削減や業務効率化ができる。また勤怠管理ソフトや複数のアプリケーションを立ち上げずにすむので作業の手間がなくなり、営業先・現場への直行直帰時の勤怠にも対応できる。さらに打刻もれなどのミスが発生しにくい環境を構築できる。

申請承認機能の利用イメージ
申請承認機能の利用イメージ

 今回対応するのは、勤務時間修正、有給休暇、残業、勤怠締めに関する申請および承認業務。これまでは、チャットで勤怠を利用してLINE WORKSで勤怠不備の通知などを受け取ることは可能だった。しかし通知を受けたあとにPCやスマートフォンからfreee人事労務にログインし直して再度申請する必要があった。また承認する側も申請を確認する際にfreee人事労務に毎回ログインしないと承認ができなかった。

 今回のリリースにより、利用者の「ログインし直す」という一手間を減らせるようになり、シームレスにLINE WORKSのチャット画面から各種勤怠申請および承認が可能となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]