竹中工務店ら、IoT活用した建設現場の騒音振動計測システムを開発

ZDNET Japan Staff

2024-03-14 14:57

 竹中工務店、アトムシステム、キッズウェイの3社は、無線型騒音・振動管理システム「DECIBERY」を共同開発し、5月からレンタルを開始すると発表した。

 建設現場の騒音・振動管理は従来、敷地境界部に設置したアナログ式の精密な騒音計や公害振動計で計測し、仮囲いなどに設置したモニターで計測値を表示していた。通信機能を付加することで遠隔地からの確認やデータの取得も可能だが、通信環境の構築に費用がかかるため、利用は限られていた。

 DECIBERYは、デジタル騒音・振動計測センサーとIoT通信デバイスで構成される。騒音マイクや振動センサーで騒音レベル・振動レベルを算定し、IoT通信デバイスにデータを送信する。IoTデバイスはデータを保存し、LTE通信を介してクラウドにデータを送信する。クラウドで受信したデータをリアルタイムに現場のモニターや事務所内のPCなどに表示し、設定値以上の騒音と振動を予測・検知した場合には現場員や重機作業員にアラートを送信する。

 新開発のデジタルセンサーは従来のアナログ機器と同等の計測精度を確保し、IoT通信デバイスにより無線ネットワークを構築する。半径20mの通信圏内であれば最大8カ所まで同時計測が可能だ。クラウド上に保存されたデータの閲覧・保存、帳票の自動作成など、遠隔地でも管理業務を遂行できる。また、騒音・振動レベルが超過する傾向を予測する機能を搭載し、気象などの環境センサーやカメラなどの各種デバイスと組み合わせて現場内の環境全般のモニタリングが可能。APIを介してデジタルサイネージなどの他システムとも連動できる。

 竹中工務店は騒音・振動計測に関する基盤技術の活用、センサー類の選定と精度評価、現場適用性評価を担当し、アトムシステムはクラウド関連システムのソフトウェア開発、DECIBERYに関するシステム整備を担当した。キッズウェイはDECIBERYに関する量産・在庫保有、レンタル展開を担当する。

DECIBERYの利用イメージ DECIBERYの利用イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]