清水建設、全社向けデータ活用システムに「Denodo Platform」を導入

ZDNET Japan Staff

2024-03-21 12:00

 清水建設は、Denodo Technologiesのデータ仮想化ソリューション「Denodo Platform」を導入した。全社のデータ活用を推進するシステムを構築し、2022年10月に本稼働を開始した。

 同社は、2021年から社内外に散在するデータの整理に着手し、「データの民主化」を推進してきた。しかし、データ活用に関しては、「申請されてからデータを渡すまでのリードタイムの短縮」「長時間にわたるリードタイムによるデータの陳腐化」「各部門が蓄積するデータが全社で活用できていない」など複数の課題を抱えていた。

 これらの状況を打開するため、2021年からビジネスインテリジェンス(BI)ツールの全社展開を行いデータ活用を進めてきたが、「データの見やすさ、使いやすさ」という新たな課題が発生した。BIツールでデータを可視化できても、データが整理されていないため、使える状態にはならず、利用部門からも「もっと使いやすくならないか」「利用画面が見やすくならないか」といった声が上がっていた。

 Denodo Platformに関しては、2カ月に及ぶ概念実証(PoC)を実施した後に採用を決め、それから3カ月を要してシステムを構築した。これにより、部門で蓄積されているデータの共有がユーザーレベルで実施可能となり、データカタログ機能によってデータの格納場所をユーザー自身で確認できるようになった。

 今後は、保守や工事などのデータの中でも、テキストだけでなく画像データや他の属性データなども利用できるよう整備していく考えだ。清水建設の担当者は、「現在、Denodo Platformで公開しているデータも全社規模で考えるとまだほんの一部。公開の基盤は既に整っているので、最終的には100%のデータを活用できるようにしていきたい」と話す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]