オラクルとNEC、NTTの「IOWN」活用に向け協業

ZDNET Japan Staff

2024-03-27 13:36

 日本オラクルとNECは3月27日、NTTの次世代通信基盤「IOWN」やクラウドを活用するための共創活動を開始すると発表した。

 IOWNは超大容量・低遅延を特徴とする。NECは、IOWNの国際推進団体「IOWN Global Forum」での「Open APNアーキテクチャー」に対応する光伝送装置「Spectral Wave WXシリーズ」などを提供する。オラクルは、運用監視サービス「Oracle Cloud Observability and Management Platform」とNECが構築したIOWN対応の通信環境を組み合わせ、回線の遅延や通信品質を監視して、サービス品質を維持するためのデータ管理を行う。

 両社は、NECの我孫子事業場(千葉県我孫子市)にあるNECの施設「NEC CONNECT Lab」で、オラクルのクラウド基盤「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」と、IOWNのオールフォトニクスネットワーク(APN)を組み合わせたインタラクティブなリモートライブの参加を想定しての「自由視点鑑賞」デモ環境を構築した。

デモ環境
デモ環境

 デモ環境は、リモート会議やオンラインイベントなど場所に依存しない活動スタイルが普及する中で、IOWNの特徴を生かして人や場所、データをリアルタイムに接続することにより、リモートでもリアルと同等の臨場感や一体感を実感できることを目指したものになる。

 今後両社は、IOWNの特徴を生かした社会価値起点での共創活動を継続し、各種パートナーとの新たなユースケースも検討し、社会実装に向けた実証を目指すとしている。

期待される成果のイメージ
期待される成果のイメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]