OpenAI、改良版「GPT-4 Turbo」を有料版「ChatGPT」で提供--回答の質が向上

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-04-15 09:59

 先ごろ「GPT-4 Turbo」の改良版を「OpenAI API」を通じて開発者向けに提供開始した際、OpenAIは、この改良版を間もなく「ChatGPT」でも提供すると予告した。それからわずか数日後、同社は約束を守り、ChatGPTをアップグレードした。

 OpenAIは米国時間4月11日、「ChatGPT Plus」「ChatGPT Team」「ChatGPT Enterprise」に登録しているすべてのユーザーが、改良版GPT-4 Turboを利用できるようになったと発表した。この改良版では、文章の作成や数学的問題の解決、論理的推論、コーディングで日々の回答が改善されるはずだ。

 2024年1月バージョンのGPT-4 Turboと比べて、今回のアップグレード版は、下の図を見れば分かるように、MMLU(Measuring Massive Multitask Language Understanding)、MATH(Measuring Mathematical Problem Solving With the MATH Dataset)、GPQA(A Graduate-Level Google-Proof Q&A Benchmark)など、AIモデルの習熟度テストに利用される一連のベンチマークでパフォーマンスが向上した。


 OpenAIはさらに、ChatGPTで文章を作成する際、最新版のGPT-4 Turbo(gpt-4-turbo-2024-04-09)は「より直接的で冗長性が低く、会話的な言葉を用いた」回答を生成するはずだと述べている。

 OpenAIが挙げた例では、同じ「私の誕生日を祝うディナーへの招待状に対して出欠の返事をするよう友人に催促するショートメッセージ」というプロンプトを使って、両バージョンのモデルに回答を生成させた。旧バージョンは不自然に聞こえる長い回答を生成したのに対し、アップデート版の回答は短く、人が送信するメッセージのような印象を受ける。

提供:OpenAI
提供:OpenAI

 OpenAIの最高経営責任者(CEO)であるSam Altman氏は、アップグレード版GPT-4 Turboに言及し、GPT-4が「かなり賢くなり、さらに使うのが楽しくなった」と述べた。


 米ZDNETでも、GPT-4 Turboがデフォルトで搭載されている無料版の「Copilot」でGPT-4とGPT-4 Turboの性能を比較したことがあるが、GPT-4 TurboはGPT-4と比べて推論と回答の質が向上していた。

 ChatGPTの改良版GPT-4 Turboを自身で試したい場合は、月額20ドル(約3000円)でChatGPT Plusに登録する必要がある。会社のオーナーで、ChatGPT EnterpriseかChatGPT Teamへの登録を希望する場合は、どちらを選ぶべきか、および料金体系、登録方法について、こちらの記事で解説している。

提供:Getty Images/Pau Barrena/Contributor
提供:Getty Images/Pau Barrena/Contributor

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]