編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトフロント、プレゼンスアプリケーション開発用ライブラリー

WebBCN (BCN)

2005-07-21 10:46

 ソフトフロント(阪口克彦社長)は、IP電話、ビデオ会議などを実現するプロトコルであるSIPの開発環境「SIPパートナープログラム」の新製品「プレゼンスライブラリ Ver.1.0」を発売した。なお、同製品はSIPユーザーエージェント開発用「UA開発セット」のオプション製品という位置づけ。

 

 同製品は高度な柔軟性と拡張性を備えるNOSKI SIPライブラリーをベースに、プレゼンスアプリケーションを開発するためのライブラリー。インスタントメッセンジャーなどに搭載されているような「相手の状態を確認する機能」(プレゼンス機能)を、デジタル情報家電やIP電話などのネットワーク機器に容易に追加できる。また、ネットワーク対応センサーなどの情報交換や、監視情報を収集・管理するSIPアプリケーションの開発、既存のプレゼンスシステムとの連携や、電話をかけようとする相手先の状態を確認したうえで発信を行う「ポライトコール」など、普及期に入ったIP電話の付加機能の開発も容易に行える。

ソフトフロント

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]