「世界に通用するソフトを作りたい」--サイボウズが研究開発専門会社を設立

田中好伸(編集部) 2005年07月25日 13時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは7月25日、研究開発会社「サイボウズ・ラボ」を8月に設立することを発表した。代表取締役社長は、サイボウズの畑慎也最高技術責任者(CTO)が就任する。

 ラボは、中長期的な視点で情報共有ソフトの研究開発を進める。青野慶久社長は「世界に通用するソフトを作りたい」と語り、ラボで開発したソフトは世界に向けて公開する方針を打ち出している。成果物を一定の条件下でフリーソフトやオープンソースソフトとして提供することも計画している。

 ラボには、畑CTOのほかにサイボウズから3〜4人の技術者が異動する。異動する技術者は、グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」で採用された「CyDE2」と呼ばれるフレームワークを開発した中心メンバー。ラボの人員について畑CTOは「3年後に約20人、5年後に約50人を常駐させたい」としており、日本全国からソフトウェア・エンジニアを募集する。

 具体的なビジネスモデルについて畑CTOは「個人利用は無償で商用は有償というデュアルライセンス、レッドハットのようにサポートやアップデートなどのサービスで代価を得るなどさまざまなビジネスモデルが考えられるが、現段階では未定」としている。

 青野社長は「ビジネスソフトの分野で日本はやられっぱなし」と語り、ラボ設立の目的を「日本発で世界に通用するソフトを作りたい」と説明する。

サイボウズ・ラボ

サイボウズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算