日本IBMが新Unixサーバを発表--「仮想的にスケールアウトとスケールアップができる」

田中好伸(編集部) 2005年10月12日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10月12日、POWER5+プロセッサを搭載したUnixサーバ3モデルとPOWER5プロセッサ搭載の1モデルを発表した。10月14日から販売を開始する。

「System p5は処理性能2倍でも消費電力は従来と同等」武藤和博pSeries事業部長

 今回発表されたのは、POWER5+が搭載される「p5 550Q」「p5 550」「p5 520」と、POWER5を搭載する「p5 505」の4モデル。これまで「IBM eServer pSeries」としていたブランド名は、7月に発表されたIBM Systems Agendaに基づいて、「IBM System p5」になっている。

 従来のPOWER5は、1つのセラミックモジュールにデュアルコアのCPU1個(2ウェイ)と36MBのL3キャッシュを持つデュアルチップモジュール(DCM)のみだが、POWER5+はDCMに加えて、デュアルコアのCPU2個(4ウェイ)と36MBのL3キャッシュ2個を搭載するクアドコアモジュール(QCM)も用意されている。

 System p5が対応する基本ソフト(OS)は、IBMのAIX 5Lの5.2と5.3。そしてRed Hat Enterprise Linux 4、SUSE LINUX Enterprise Server 9となっている。

 pSseries事業部長を務める武藤和博理事によれば「POWER5+のQCMは、POWER5と比べて約2倍の処理能力がある」という。またPOWER5+は、内部の回線幅を130ナノメートルから90メートルにしたことで「消費電力を従来と同等に抑えている」(武藤理事)。

 現在企業のシステムでは、処理すべきデータの増大に対して、サーバ内部でCPUやメモリを増やす「スケールアップ」とサーバの台数そのものを増やす「スケールアウト」で対応している。System p5では、このスケールアップとスケールアウトを仮想的に対応する。IBMは、この仮想的にスケールアップとスケールアウトができる技術を「Scale Within」と呼んでいる。

 Scale Withinは、サーバの筐体内のCPUやメモリを10個まで論理区画に分割し、1つのワークロードの負荷増加に対しては、論理区画を大きくすることで対応し(仮想的にスケールアップする)、異なるワークロードの増加に対しては論理区画を増やすことで対応する(仮想的にスケールアウトする)。

 また仮想化技術として、System p5には仮想化ソフトウェア「Integrated Virtual Manager」(IVM)がオプションとして用意されている。従来、論理分割(仮想化の設定)するには専用の管理端末が必要だったが、IVMでは不要となる。またIVMでは、ウェブブラウザを使って、数回のクリックで論理分割できる。

 今回のSystem p5は、データセンター、中小企業、ネット企業などに向けて販売していく。「消費電力の観点からサーバを増やせないデータセンターには、低消費電力のSystem p5が最適だ」(武藤理事)からだ。

 また、武藤理事は「System p5を使えば、中小企業は多くの投資をせずに1台のサーバで基幹業務をこなせる」として、中小企業も狙っていく。さらに、「増大するLinux+IAサーバをSystem p5に統合できる」(武藤理事)というメリットを生かして、ネット企業にも導入を働きかけていく。

 4モデルの概要は以下の通り。

  • p5 550Q
    形状:ラックマウント(4U)/タワー
    プロセッサ(周波数):POWER5+(1.5GHz)
    搭載コア:4/8
    メモリ容量:1〜64GB
    価格:360万8115円
  • p5 550
    形状:ラックマウント(4U)/タワー
    プロセッサ(周波数):POWER5+(1.9GHz)
    搭載コア:2/4
    メモリ容量:1〜64GB
    価格:277万7355円
  • p5 520
    形状:ラックマウント(4U)
    プロセッサ(周波数):POWER5+(1.9GHz)
    搭載コア:2
    メモリ容量:1〜32GB
    価格:222万5790円
  • p5 505
    形状:ラックマウント(1U)
    プロセッサ(周波数):POWER5(1.65GHz/1.5GHz)
    搭載コア:1/2
    メモリ容量:1〜32GB 価格:72万8805円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化