サン、「Jini」を「Apache」オープンソースライセンス下でリリース

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年10月20日 15時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは米国時間19日、「Apache」オープンソースライセンスの下で、最新の「Jini」開発ツールキットをリリースした。

 Jiniは、当初は消費者デバイスとSunのJavaソフトウェアをリンクさせる手段として、1999年に発表された。しかし、Sunの幹部によれば、Jiniソフトウェアを利用している企業は、これをグリッドコンピューティングやクラスタサービスなどの企業向けコンピューティングタスクに用いることが多くなっていたという。

 Jiniソフトウェアは、広く普及しているコンポーネントを利用するJavaアプリケーションの開発用に設計されたものだ。例えばSunでは、小型の倉庫用RFID(無線認識)リーダで稼働する同社のRFIDソフトウェアの開発にJiniを使用している。

 Jiniソフトウェアの開発に当たっているのはJini Communityである。同コミュニティは独立した組織で、Sun以外の企業が同ソフトウェアに変更を加えている。

 米国時間19日にシカゴで開かれるJini Communityの会合では、Sunの幹部が「Jini Technology Starter Kit」のバージョン2.0がApache License 2.0の下で利用可能になることを発表する。

 Apacheライセンスを採用した理由について、Jini Communityがオープンソース団体として活動できるようにすることが同社の計画の一環であるからだと、Sunの幹部は説明した。人気の高かった前バージョン、Jini Starter Kit 1.2も、オープンソースライセンスを適用してリリースする意向だという。

 SunのJini Technology部門シニアプロダクトマーケティングマネージャJennifer Kotzenは、新たなツールキットでは「Java Spaces」サービスの利用が可能になると述べている。同サービスは、ネットワークに接続された異なるコンポーネント間の連係を処理し、バッチ操作をうまく行うためのものだ。同ツールキットはまた、セットアップ時間を短縮するようにもデザインされている。

 Jiniのもともとの用途はセンサーなどの小型デバイスの情報を収集することだったが、SunのJini技術プログラムディレクターMark Hodappによれば、こうした本来の目的のためにJiniが利用される機会が次第に増えているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算