編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

MSのファイルフォーマット標準化、一部専門家がオープン性を疑問視

Ingrid Marson (Special to CNET News.com)

2005-11-24 13:01

 MicrosoftがOffice 12のファイルフォーマットを欧州の標準化団体ECMA Internationalに提出すると決定したことについて、業界観測筋が懸念を示している。

 Microsoftは米国時間21日、Office 12のファイルフォーマットをもとに、完全にドキュメント化された標準「Microsoft Office Open XML」を完成させるには約1年かかることを明らかにした。

 しかし、OvumのリサーチディレクターGary Barnettは、同フォーマットが「本当にオープン」なものになるとは思えないと述べている。

 Barnettは「今回の措置は、商用製品のドキュメントフォーマットをオープンであるかのように見せかけるMicrosoftの戦術だ」と述べ、Microsoftのファイルフォーマットがオープンだと言われるに値するのは「同社が、フォーマットのコントロールをあきらめ、標準化団体にアクセス権を与えた場合」のみだと述べる。

 Microsoftは、ファイルフォーマットをコントロールし続けることで、自社の都合のよいときにその仕様を変更することできる。そうすることで、同社はこの標準仕様を製品に適用しようとする競合企業に対し、有利な立場に立てるとBarnettは指摘する。

 Open Source ConsortiumのエグゼキュティブディレクターMark Taylorも、MicrosoftはOffice 12のファイルフォーマットを、最初に述べていたほどオープンにはしないだろうと述べている。

 「(Microsoftは)Officeで築き上げた市場の独占状態を、XMLの時代でも維持したいと考えている。オープンスタンダード分野のゲームで、紳士的な戦いをしたいと考える企業が、この分野の特許取得を考えるだろうか」(Taylor)

 しかし、OpenDocumentフォーマットを支持する気運が高まるなか、Microsoftの措置について好意的な見方をする業界観測者もいる。

 RedMonkのアナリストJames Governorは「(OpenDocumentフォーマットをめぐる)現行の議論が、Microsoftを少しずつオープンにさせているのだろう」と述べている。

 Microsoftはこれまで、自社製品でOpenDocumentをサポートすることを拒否してきた。BarnettとTaylorは、こうした点についても、Microsoftのオープンスタンダードに対する姿勢を疑問視している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  3. コミュニケーション

    マンガで解説、失敗するグループウェア導入の3つの理由とは?導入効果を高める「使いたくなる工夫」

  4. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

  5. コミュニケーション

    機能とコストを徹底比較、ニューノーマル時代の企業を支える最新グループウェア5製品の違いとは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]