編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

住友電工情報、Strutsと連携可能なJava開発フレームワークを発売

ニューズフロント

2006-01-20 14:28

 住友電工情報システムは1月20日、オープンソースのソフト開発環境「Struts」と連携可能なJava開発フレームワーク「楽々FrameworkIIバージョン3.0」の販売を開始した。

 このJava開発フレームワークは、複雑な処理を実現できる業務コンポーネントを備えるため、プログラミングを行わずに業務処理の大部分に対応できるという。そのため、同社では「プログラム設計工数を従来の3分の1まで圧縮できる」としている。さらに、データベース設計の完了後すぐに試作プログラムを自動生成して動かせるので、「Javaでそのままシステムを構築する場合に比べ、10分の1の時間で高品質なプログラムが作成可能」(同社)。

 同社は、楽々FrameworkIIバージョン3.0で、Strutsとの連携機能「RakConnect for Struts」を新たに追加した。これにより、Strutsアプリケーションと楽々FrameworkIIアプリケーションでのメニューやログイン認証の共有、Strutsアプリケーションから楽々FrameworkII部品の呼び出し、楽々FrameworkIIアプリケーションからStrutsで作成したアプリケーションの呼び出し、といった処理が可能となる。

 対応サーバOSは、Linux、Solaris、AIX、Windowsとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]