編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

フォトレポート:MS主催の学生技術コンテスト「Imagine Cup」日本代表が決定 - 6/9

柴田克己(編集部)

2006-03-31 22:55

 マイクロソフトが全世界の学生を対象に開催する技術コンテスト「Imagine Cup 2006」の日本代表チームを決める選考会「The Student Day 2006」が、3月31日に東京千代田区の秋葉原コンベンションホールで開催された。Imagine Cupは2003年から開催されており、今年で4回目。世界170カ国、5万人以上(速報値)の高校生、大学生が予選に挑む大規模な大会となっている。Imagine Cupには、専門分野の異なる8つの部門があるが、その中でも特にアプリケーション開発にフォーカスした「ソフトウェアデザイン部門」の日本代表を決める最終選考会が行われた。代表の座を掛けて、日本大会での入選上位3チームがプレゼンテーションに臨む。
 ソフトウェアデザイン部門の日本代表を選定する5名の審査員は、NHKエンタープライズ事業本部デジタルセンターデジタル制作エグゼクティブ・プロデューサーの岡本美津子氏、読売新聞社編集委員の小出重幸氏、東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻教授の竹内郁雄氏、イルミネート・ジャパン・コーポレーション代表取締役の溝端二三雄氏、マイクロソフト執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部本部長の鈴木協一郎氏。各チームのプレゼンテーション後には、「この作品のコンセプトを世界大会ではどのように説明するつもりか」「ビジネスモデルについてはどう考えているのか」といった鋭い質問が飛んだ。

 ソフトウェアデザイン部門の日本代表を選定する5名の審査員は、NHKエンタープライズ事業本部デジタルセンターデジタル制作エグゼクティブ・プロデューサーの岡本美津子氏、読売新聞社編集委員の小出重幸氏、東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻教授の竹内郁雄氏、イルミネート・ジャパン・コーポレーション代表取締役の溝端二三雄氏、マイクロソフト執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部本部長の鈴木協一郎氏。各チームのプレゼンテーション後には、「この作品のコンセプトを世界大会ではどのように説明するつもりか」「ビジネスモデルについてはどう考えているのか」といった鋭い質問が飛んだ。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]