編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

フォトレポート:MS主催の学生技術コンテスト「Imagine Cup」日本代表が決定 - 2/9

柴田克己(編集部)

2006-03-31 22:55

 マイクロソフトが全世界の学生を対象に開催する技術コンテスト「Imagine Cup 2006」の日本代表チームを決める選考会「The Student Day 2006」が、3月31日に東京千代田区の秋葉原コンベンションホールで開催された。Imagine Cupは2003年から開催されており、今年で4回目。世界170カ国、5万人以上(速報値)の高校生、大学生が予選に挑む大規模な大会となっている。Imagine Cupには、専門分野の異なる8つの部門があるが、その中でも特にアプリケーション開発にフォーカスした「ソフトウェアデザイン部門」の日本代表を決める最終選考会が行われた。代表の座を掛けて、日本大会での入選上位3チームがプレゼンテーションに臨む。
 大阪大学大学院の中山浩太郎さん、前川卓也さん、海城高等学校の竹井悠人さん、鈴鹿工業高等専門学校の大居司さんによるチーム「Project Docterra」は、拡張性の高さが特徴のオープンソースによる病院管理、電子カルテシステム「Docterra: New Generation Hospital Management Framework」を披露。「通常、数百万円から数千万円する医療情報管理システムをオープンソースで開発することにより、年々増加する医療費負担問題を解決することを目標にした」という。リーダーの中山さんは、過去2回のImagine Cupに日本代表として参加した実力派。メンバーは、マイクロソフトが学生向けに提供しているオンラインコミュニティ「theSpoke」に参加する仲間で構成され、メッセンジャーやチャットなどを駆使して共同開発を行ったという。

 大阪大学大学院の中山浩太郎さん、前川卓也さん、海城高等学校の竹井悠人さん、鈴鹿工業高等専門学校の大居司さんによるチーム「Project Docterra」は、拡張性の高さが特徴のオープンソースによる病院管理、電子カルテシステム「Docterra: New Generation Hospital Management Framework」を披露。「通常、数百万円から数千万円する医療情報管理システムをオープンソースで開発することにより、年々増加する医療費負担問題を解決することを目標にした」という。リーダーの中山さんは、過去2回のImagine Cupに日本代表として参加した実力派。メンバーは、マイクロソフトが学生向けに提供しているオンラインコミュニティ「theSpoke」に参加する仲間で構成され、メッセンジャーやチャットなどを駆使して共同開発を行ったという。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]