編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「全体を見渡せるSIに強みがある」--日立システムがIT部門の内部統制対応状況の診断サービスを開始

田中好伸(編集部)

2006-05-17 19:40

 日立システムアンドサービスは、調査コンサルティングのアイ・ティ・アール(ITR)と提携して、情報システム部門のの内部統制対応状況を診断する「ITガバナンス診断サービス」を6月1日から発売する。価格は200万円(税別)からとなっており、今後3年間で50社への販売を目指す。

 ITガバナンス診断サービスは、ITRが提供するITマネジメント成熟度診断サービスである「IT@Governance」を使用して、現時点でのIT全般統制を評価して、管理・運営の状況を把握して、課題を明確にする。具体的には約1000問の質問に○×方式で答えることで、「IT戦略」「ITリスク」「ITアーキテクチャ」「IT投資」など9つのマネジメントドメインと「体制」「手順化」「文書化」など5つの領域から集計・分析して、成熟度を評価する。

石井清氏 「製品売りではなく、全体的なアプローチをしてほしいという顧客の声に対応したい」と説明する石井清氏

 日立システムでは、ITガバナンス診断サービスで得られた評価を、同社がすでに提供している「システム運用管理ソリューション」や「セキュリティソリューション」と組み合わせることで、企業のIT全般統制の「課題発見から課題解決までをシームレスに支援することができる」(内部統制ビジネス推進センタ センタ長を務める石井清氏)としている。今回提供開始となるITガバナンス診断サービスは、2006年10月にも提供予定の「ITガバナンス強化コンサルティング」に含まれるサービスという位置付けになっている。

 同社は2006年4月に企業の日本版SOX法対応を支援する専門組織として「内部統制ビジネス推進センタ」を設立している。同組織でセンタ長を務める石井氏は、日本版SOX法への企業の対応は「まだ理解フェーズの段階にあり、どう対処したらいいのか情報を収集しているところ。初めての経験であるために、対応ノウハウのコンサルティングが必要と考えている」と説明する。

 「内部統制に関連したサービスを提供する側として、コンサルティングファーム、監査法人、ソフトウェアベンダ、システムインテグレータ(SI)という4つが動いている。ただ、内部統制は単に製品を導入して解決するものではない。製品売りではなく、全体を見渡すことのできるSIに強みがある」(石井氏)

 また先に挙げた4つのうち、コンサルティングファームはSOX法特需で「売り手市場となっており、人材不足であり、案件を選んでいる」(同氏)という。監査法人は「SOX法を勉強している段階。コンサルティングが許可されていない」としている。

 そういった状況のなかで日立システムとしては「業務統制とIT統制を切り離して、情報システム部門だけ独立して、先にITガバナンスの整備を進めることも有効」(同氏)という方針を取っている。今回提供するITガバナンス診断サービスも、同社のこの方針に沿ったものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]