編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「2007 Office system」ベータ2を国内でも公開

ニューズフロント

2006-05-24 15:54

 マイクロソフトは5月24日、次期オフィススイート製品「the 2007 Microsoft Office system」日本語版ベータ2の提供を開始した。ウェブサイトから無償でダウンロードできる。

 2007 Office systemのうち、ExcelやWordなどのデスクトップ製品は、新たに「結果指向型ユーザーインターフェース」を採用した。高度なグラフィック処理に対応した新エンジンや、標準的なデータ交換を可能にするXML文書フォーマットにより、マイクロソフトは「さらなる使いやすさと生産性を実現する」としている。

 また、サーバ製品としては、企業における規制順守やワークフローなどに対応するよう強化した「Microsoft Office SharePoint Server 2007」や、フォームソリューションを実現する「Microsoft Office Forms Server 2007」を新たに追加し、「企業規模でのコラボレーション、エンタープライズコンテンツ管理、ビジネスインテリジェンスなどの、ソリューションプラットフォームを提供する」(マイクロソフト)。

 日本語版ベータ2は、Office Forms Server 2007を除き、CDおよびDVDキットとしても提供する。同キットの価格は実費1575円で、6月中旬以降に発送を始める予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]