編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ウェブコンテンツデータを回線に最適化したサイズに変えるアプライアンスのソフト新版登場

CNET Japan Staff

2006-08-11 16:50

 アクティブネットワークスジャパンは8月10日、ウェブコンテンツデータを回線に最適化したサイズに圧縮/リダクションするアプライアンス用ソフトウェア「BoostEdge-Ver3」を発表した。8月下旬より販売および出荷を開始する。

 BoostEdge-Ver3は、同社のウェブ高速化サーバソフト「BoostWeb」の基本機能であるHTTPデータタイプの分析・圧縮・リダクション・配信の機能とUNIX OSをアプライアンスとして一体化した。

 同社が提供するBoostEdgeは、ウェブアプリケーションを利用する企業やISP、ASP事業者などが利用されている。

 従来製品になかった双方向処理機能、ロードバランス機能、アプリケーションスイッチボード機能など、BoostWebや前版の「BoostEdge-Ver1/Ver2」ユーザーのニーズを取り込んで機能強化したという。

 アクティブネットワークスジャパンは、仏のActiveNetworksの日本国内における総販売元。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]