編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

日本HP、エントリサーバ「ML150 G3」を発売--デュアルコアXeonを2個搭載可能

ニューズフロント

2006-08-21 16:34

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月21日、デュアルコアインテルXeonプロセッサー5100番台を2個搭載可能なタワー型エントリサーバの新モデル「HPProLiant ML150 Generation 3(G3)」を受注開始した。税込み価格は14万3850円からとする。8月24日に出荷を始める。

 日本HPは、新モデルを中小企業向けと位置付ける。対応プロセッサは、デュアルコアXeon 5110(動作周波数1.60GHz)、デュアルコアXeon 5120(同1.86GHz)、デュアルコアXeon 5130(同2GHz)。メモリはPC2-5300 Fully Buffered DIMM(FB-DIMM)で、記憶容量は最大8Gバイト。

 ハードディスク(HDD)は、ホットプラグ対応のシリアルアタッチドSCSI(SAS)またはシリアルATA(SATA)品を最大6台搭載できる。ホットプラグモデルに標準搭載のHP 8ポートSAS/SATAホストバスアダプタで、RAID 0、RAID 1、ホットスペアの利用が可能。

 オプションの遠隔管理カード「HP Lights-Out 100c」を装着すると、LANやネットを介した遠隔管理が行える。日本HPでは、「エントリサーバでありながら、利便性の高い優れた運用性を実現した」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]