編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日本NCR、アクティブDWH製品の最新版「TW 8.2」を発表--速度や可用性が向上

ニューズフロント

2006-10-06 15:45

 日本NCRは10月5日、ハードとソフト、コンサルティングサービスを一括提供するデータウェアハウス(DWH)製品の最新版「Teradata Warehouse(TW)8.2」を発表した。12月中旬に提供を開始する。

 TW 8.2は、企業が社内外から得るさまざまなデータをほぼリアルタイムに蓄積/分析し、経営や日常業務の意思決定に活用するアクティブDWHを構築するための製品。日本NCRでは、主に小売業、金融、通信、製造といった業界の大手企業を販売対象としている。

 最新版では、データの更新にともなうディスクの入出力回数を大幅に削減するとともに、クエリに対する応答性を改善することで、パフォーマンスを向上させた。セキュリティ機能や外部連携機能の強化により、不正アクセスを防止しながらエンタープライズ環境への統合が容易になったという。また、高速リカバリ機能やログ先行書き込みなどにより、保守性と可用性を高めた。

 日本NCRでは、ハード込みで年間売上高60億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト

  2. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. セキュリティ

    6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは

  5. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]