編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

サン、ID管理「Identity Manager」最新版を販売開始--監査機能などを統合

CNET Japan Staff

2007-01-25 14:55

 サン・マイクロシステムズは1月24日、同社のアイデンティティ管理ソリューションの最新版「Sun Java System Identity Manager 7.0 日本語版」の販売活動を開始した。

 新製品は、プロビジョニング機能や監査機能、サービス・プロバイダ対応機能などを統合。アイデンティティ情報のライフサイクル管理とコンプライアンスの自動化を実現する。具体的には、現行版に監査機能を持つ「Sun Java System Identity Auditor」と大規模利用を想定した「Sun Java System Identity Manager Service Provider Edition」の機能を統合している。

 Solarisだけでなく、AIX、HP-UX、Red Hat、SuSE、Windowsにも対応する。SAPやオラクルが提供するアプリケーション向けのアダプタ群も用意されている。

 価格は 2200万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    アンケート調査で分かった日本企業のIT活用課題、迫りくる「2025年の崖」克服の救世主とは?

  2. 経営

    セールスエクスペリエンスを向上させる鍵「パイプライン管理と予測」を知る

  3. セキュリティ

    3つの側面に注目! 安全なテレワークを実現するセキュリティの勘どころ

  4. クラウドコンピューティング

    データドリブン企業がこぞって採用する「クラウド向けに構築された唯一のDWH」

  5. セキュリティ

    「我が社のシステムはどのくらい安全なのか」と役員に問われたら?--「リスクベースの脆弱性管理」の基本

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]