MS、「Flash Player」に対抗する「Silverlight」を発表

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、福岡洋一 2007年04月16日 21時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsの「Flash Player」に対抗するMicrosoft製品の名が明らかになった。正式名称は「Silverlight」で、ウェブサイトにビデオコンテンツを組み込んでいるメディアおよびエンターテインメント企業をターゲットにしているようだ。

 Microsoftは米国時間4月15日、ラスべガスで開催中のNational Association of Broadcastersが主催するメディア見本市「NAB 2007」で、Silverlightを発表した。Silverlightは、ウェブブラウザ上で、メディアファイルの再生とインタラクティブなウェブアプリケーションの表示を行うためのプラグインで、同社が以前、「Windows Presentation Foundation/Everywhere」(WPF/E)と呼んでいたものだ。

 Microsoftは、4月30日から同じくラスべガスで開催されるデザイナーおよびウェブ開発者向けカンファレンス「MIX07」でSilverlightのベータ版をリリースする計画だ。

 Silverlightの発表とあわせて、同製品にさっそく関心を示している、メディア企業や広告代理店といったパートナー企業の名前も明らかにした。Major League Baseball、オンラインビデオ放送局のBrightcove、Netflix、Akamai Technologiesなどだ。

 2年以上前から開発されていたSilverlightは、「Windows」上でも「Mac」上でもウェブアプリケーションを表示できるプレーヤーで、「Internet Explorer」(IE)、「Firefox」「Safari」など複数のブラウザに対応している。ダウンロードするプレーヤーのサイズは2Mバイト以下になるという。

 Flashと同じくSilverlightは、デザイナーやソフトウェア開発者向けの開発ツールも備えている。

 NABカンファレンスでSilverlightを発表することによってMicrosoftは、オンラインに移行しつつあるメディア企業の興味を引きたい考えだ。同社の「Windows Media Video」フォーマットは広く浸透しており、ダウンロード方式のコンテンツでは特に多くの人に利用されている。しかし、AdobeのFlash Playerは、MySpace.comやYouTubeなど、大容量の動画を扱うサイトを中心に、いよいよストリーミングビデオの主流になってきた感がある。

 たとえば、Brightcoveは現在、同社のビデオコンテンツをすべてFlashを使って表示している。しかし、同社マーケティングおよび戦略担当バイスプレジデントAdam Berrey氏によると、Brightcoveは2007年中に、出力フォーマットとしてSilverlightをサポートし、Silverlightに関心を示す顧客にアピールしていく予定だという。

 「Silverlightの最も優れている点は、基本的に、真にシームレスな形でWindows Media Videoフォーマットをブラウザに取り込めるということだ。われわれがこれまでWindows Media Videoをサポートしてこなかったのは、そこにはユーザー体験がないと感じていたからだ」(Berrey氏)

 だがBerrey氏によると、Brightcoveは自社で利用するソフトウェアについては、コンテンツプロバイダがビデオをBrightcoveのサービスにアップロードできるようにするツール群なども含めて、今後もすべて、AdobeのFlashおよび開発ツール「Flex」を使って構築していくという。

MicrosoftとAdobe、軍配はどちらに?

 オンラインビデオの急激な増加で、MicrosoftとAdobeの競争は激化の様相を呈している。

 Microsoftは、オンラインコンテンツの強化を目指すメディア業界に顧客を持っている。また同社は、膨大な数のソフトウェアプログラマーの顧客を抱えているが、さらにグラフィックデザイナーやウェブデザイナーの領域にまで顧客層を広げようとしている。Adobeの場合、売り上げの半分以上を占めるのはクリエイティブ関連のプロ用製品だ。

 Adobeは、ウェブ開発とコンテンツオーサリングを統合しようとしている。3月末に同社が発表した「Creative Suite 3」は、デザイナーが写真やビデオなどのコンテンツを、印刷媒体やウェブサイト、あるいはモバイル機器上に掲載できるようにする統合デザイン環境だ。

 NAB 2007では、Adobeも4月16日に「Adobe Media Player」(開発コード名「Philo」)を発表した。Adobe Media Playerは、Flashフォーマットのビデオをオフラインでも再生できる無料ソフトウェアだ。2007年内にリリースされる予定のAdobe Media Playerを使って、ユーザーはビデオポッドキャストのRSSフィードを取得したり管理したりできるようになる。

 Microsoftのサーバおよびツール部門を担当する製品管理ディレクターのForest Key氏は、SilverlightはFlashより優れていると自信を見せた。同氏によると、Silverlightはベクタグラフィックスを採用していることから、ブラウザのページ内でストリーミングビデオを再生するウィンドウのサイズを変更できるという。Microsoftはまた、コンテンツのパブリッシャー向けにデジタル著作権管理(DRM)ツールも提供する計画だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]