社内コミュニケーションの風通しを変える企業向けIM

林信行 2007年04月25日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不毛なチャットと対極の関係

 Enterprise 2.0のツールのうち、極めて重要にも関わらず、意外と軽視されやすいのがインスタントメッセンジャーだ。古くからあるツールだけに、偏見も多い。外資系の企業では、本社と時差を超えてやりとりする手段として必然的に使われているが、国内企業では特に嫌われる傾向が強いようだ。

 嫌われる理由は、社員が遊んでいるようなイメージがあることだ。確かに一昔前のチャットソフトなどでは、無駄話や上司の陰口に使われるといった負のイメージもある。しかし、インスタントメッセンジャーは、正しく使えば最も効率的なコミュニケーション手段であり、ファイル共有手段でもあり、さらに知識の共有や蓄積の手段であると同時に、討論の手段でもあり、部門の壁を越えて社内の風通しをよくする手段にもなりえる。そういう意味では、チャットと企業内インスタントメッセージングは、機能面ではほとんど変わらないにも関わらず、対極にあるアプリケーションと言えるかもしれない。

 まずは誤解を解くべく、Enterprise 2.0時代のインスタントメッセンジャーの新しい認識、そして使い方について簡単に解説しよう。

Microsoft Office Communicator 2005マイクロソフトが提供する企業向けインスタントメッセンジャーの「Office Communicator 2005」。暗号化機能や不在時メッセージの受信、携帯電話との連携など、柔軟で確実なコミュニケーションに重点を置いている。

メールを補完する非同期型コミュニケーション

 コミュニケーションの手段といえば、今でも電子メールが王道と思われがちだが、最近では迷惑メールの増加などで重要なメッセージが埋もれやすい。また、メールではちょっとした用件を伝えるためにも、宛先を入力し、件名を書き、できればちょっとした挨拶から書き始める。これでは時間的にも精神的にもコストがかかり、なかなか気軽に利用できない。これに対してインスタントメッセンジャーは、慣れてくるといきなり用件から書き出すことができ、精神的負担が低い。

 インスタントメッセンジャーでも、まずは挨拶が必要だと思う人も多いかもしれない。しかし、ここでちょっと発想を変えると急に世界が開けてくる。

 相手がそこにいると思って返事を求めてしまうと、挨拶が必要になるばかりか、メッセージを受け取った相手にも「すぐに答えなければならない」という精神的負担を抱かせることになる。ほかの仕事を中断してまですぐに答えようとするから、仕事が滞り、インスタントメッセンジャーを使うことへの精神的負担も大きくなる。しかし、送る側が「これは相手への書き置きなんだ」と思って書き込めば、受け手も時間に余裕ができたタイミングで返事をするようになり、精神的重荷が軽減され、効率的かつ埋もれないコミュニケーションが実現する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
コミュニケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化