編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FFC、Windowsのセキュリティを強化する「InfoBarrier」新版を発表

CNET Japan Staff

2007-05-21 20:06

 エフ・エフ・シー(FFC)はこのほど、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏洩対策を行うソフトウェアの新版「InfoBarrier5」の販売を開始した。

 新版では、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視できるアラート機能が追加されたほか、操作ログ監視機能が強化された。この操作ログ監視機能により、ファイルサーバへのファイル操作、アプリケーションの起動・終了、メッセンジャー利用、外部媒体接続の操作を監視し、監査証跡として残すことができるようになる。

 価格は、ソフトウェア媒体のBarrierSeries Media Pack2が3990円。ライセンス販売も行う。5月23日から出荷する。年間10万本の販売を目指す。出荷時点でWindows Vistaには対応していないが、9月に対応するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]