xfyラプソディ--第1番:インストール - (page 3)

福田昌弘

2007-05-23 16:10

xfy Serverサービスをセットアップ

 DB2 9をインストールしライセンスを取得したら、いよいよxfy Serverサービスのセットアップとなる。DB2 9のインストールと同様に、xfy Serverサービスのセットアップもユーザーrootとして行う。このため、再度、rootとしてログインし直しておく。

 xfy Serverサービスで使用されるモジュール類は、「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」の“xfyee1_5-Server-1.tar.gz”にまとめられて提供されている。ちなみに、この圧縮ファイルも、先ほど示したウェブページから入手できる。 xfyee1_5-Server-1.tar.gzも、先ほどと同様に/tmpなどのディレクトリ上にコピーして展開する。展開すると、“xfyee1_5-Server-1”というディレクトリが作成される。

 xfy Serverサービスは、ディレクトリ“xfyee1_5-Server-1”内の“server/setup/install.sh”を実行することでセットアップできる。install.shの実行中には、対象とするマシンのホスト名やサーバの構成内容を対話形式で指定する。ただし、このとき、xfy Serverで使用するデータベース領域のサイズは指定できず、デフォルトで120Gバイトのディスク領域が確保されてしまう。xfyを試用するためだけに120Gバイトのディスク領域を確保することが難しかったため、今回はxfy Serverで使用するディスク領域を最小限の21Gバイトで確保することにした。

 xfy Serverのために確保されるディスク領域は、install.shと同じディレクトリ上にある“install.properties”というファイルに指定し、install.shの実行時に利用する。install.propertiesを適当なエディタで開き、変数“databasesize=”に対して“21”を指定した後、その内容を保存する。ちなみに、install.propertiesでは、ホスト名、サーバ構成、通知用メールアドレスなど、install.shの実行時に対話形式で指定できる内容とともに、xfy Serverに格納する文書の平均サイズやデータベース領域の作成ディレクトリも指定できる。

07install.propertiesでのデータベース領域の指定 install.propertiesでのデータベース領域の指定。今回は、最小限の21Gバイトで確保した。

 install.propertiesにデータベース領域を指定し終えたら、次のようにinstall.shを実行する。install.shを実行すると、JDKやTomcatに続いてxfy Serverがインストールされる。

08“install.sh”の実行 “install.sh”の実行。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]