xfyラプソディ--第1番:インストール - (page 3)

福田昌弘

2007-05-23 16:10

xfy Serverサービスをセットアップ

 DB2 9をインストールしライセンスを取得したら、いよいよxfy Serverサービスのセットアップとなる。DB2 9のインストールと同様に、xfy Serverサービスのセットアップもユーザーrootとして行う。このため、再度、rootとしてログインし直しておく。

 xfy Serverサービスで使用されるモジュール類は、「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」の“xfyee1_5-Server-1.tar.gz”にまとめられて提供されている。ちなみに、この圧縮ファイルも、先ほど示したウェブページから入手できる。 xfyee1_5-Server-1.tar.gzも、先ほどと同様に/tmpなどのディレクトリ上にコピーして展開する。展開すると、“xfyee1_5-Server-1”というディレクトリが作成される。

 xfy Serverサービスは、ディレクトリ“xfyee1_5-Server-1”内の“server/setup/install.sh”を実行することでセットアップできる。install.shの実行中には、対象とするマシンのホスト名やサーバの構成内容を対話形式で指定する。ただし、このとき、xfy Serverで使用するデータベース領域のサイズは指定できず、デフォルトで120Gバイトのディスク領域が確保されてしまう。xfyを試用するためだけに120Gバイトのディスク領域を確保することが難しかったため、今回はxfy Serverで使用するディスク領域を最小限の21Gバイトで確保することにした。

 xfy Serverのために確保されるディスク領域は、install.shと同じディレクトリ上にある“install.properties”というファイルに指定し、install.shの実行時に利用する。install.propertiesを適当なエディタで開き、変数“databasesize=”に対して“21”を指定した後、その内容を保存する。ちなみに、install.propertiesでは、ホスト名、サーバ構成、通知用メールアドレスなど、install.shの実行時に対話形式で指定できる内容とともに、xfy Serverに格納する文書の平均サイズやデータベース領域の作成ディレクトリも指定できる。

07install.propertiesでのデータベース領域の指定 install.propertiesでのデータベース領域の指定。今回は、最小限の21Gバイトで確保した。

 install.propertiesにデータベース領域を指定し終えたら、次のようにinstall.shを実行する。install.shを実行すると、JDKやTomcatに続いてxfy Serverがインストールされる。

08“install.sh”の実行 “install.sh”の実行。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]