編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

xfyラプソディ--第1番:インストール - (page 2)

福田昌弘

2007-05-23 16:10

管理者“xfyadmin”を作成

 今回使用するCentOSは、http://centos.org/からダウンロードできる「CentOS release 4.4」とした。ここではCentOS自体のインストール作業は省略するが、xfy Enterprise Editionを試用するためにはApache 2.0もインストールしておく必要がある。また、SELinuxは無効にしておく。xfy Serverのインストール時には“compat-libstdc++-33”が要求される。このため、CentOSで提供されているパッケージ管理システムYUM(Yellow dog Updater, Modified)を使い、次のように入力してcompat-libstdc++もインストールしておく。

02YUMによるcompat-libstdc++のインストール。赤枠内のコマンドを入力する。 YUMによるcompat-libstdc++のインストール。赤枠内のコマンドを入力する。

 compact-libstdc++をインストールし終えたら、xfy Serverの管理者グループ“xfyadmin”と管理者ユーザー“xfyadmin”を、次のように入力して作成する。

03管理者グループ“xfyadmin”の作成。
管理者グループ“xfyadmin”の作成。
04管理者ユーザー“xfyadmin”の作成。 管理者ユーザー“xfyadmin”の作成。

 管理者ユーザー“xfyadmin”を作成した後に、passwdコマンドを使ってxfyadminのパスワードを設定する。このとき設定するパスワードは、“11111”にしておく必要がある。これは、xfy Serverサービスのセットアップ時に使用するパスワードが“11111”に固定されているためだ。

DBMSをインストール

 次に、xfy Serverでデータベースノード部分を担っている「IBM DB2 9」をインストールする。インストールには、「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」内の“xfyee1_5-Server-2-x86td.tar.gz”を使用する。この圧縮ファイルは、http://www.xfy.com/jp/estd/download/index.htmlから入手することもできる。

 “xfyee1_5-Server-2-x86td.tar.gz”は、/tmpなどの適当なディレクトリ上にコピーして展開する。展開すると、“xfyee1_5-Server-2-x86td”というディレクトリが作成される。このディレクトリ上に移動し、次のように“db2setup”を実行する。db2setupの実行によって、DB2 9がインストールされ起動される。

05“db2setup”の実行 “db2setup”の実行。画面では展開によって作成されたディレクトリ内でコマンドを実行している。

 ここまでの作業を終えたら、xfyadminとしてログインし直し、ディレクトリ“xfyee1_5-Server-2.x86td”に移動して、次のように“db2licm”コマンドを実行する。db2licmを実行することで、DB2 9に関するライセンスが得られる。

06“db2licm”コマンドによるライセンスの取得 “db2licm”コマンドによるライセンスの取得。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]