編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミツエーリンクス、ペルソナ/シナリオ法によるユーザー行動シナリオ設計サービス

ニューズフロント

2007-06-15 17:22

 ミツエーリンクスは6月15日、企業などがサービス対象としているユーザーの行動シナリオをペルソナ/シナリオ法で設計するサービス「ペルソナ/シナリオ作成サービス」を発表した。

 ペルソナ/シナリオ法とは、ユーザーの人物像を「ペルソナ」として具体的に検討し、そのペルソナを使ったユーザー行動シナリオを描くというもので、ユーザーそのものやユーザーの行動に対する理解を深められるという。ミツエーリンクスでは、「ユーザーが本当に使いたいと感じる製品の実現をサポートするためのデザイン手法」としている。

 同サービスの適用例として、ミツエーリンクスは(1)ユーザー中心のデザイン手法によるウェブサイト設計の上流工程、(2)顧客ニーズ/顧客行動の理解にもとづくマーケティングコミュニケーションの設計、(3)ユーザーエクスペリエンス重視のブランドデザイン、(4)ユーザーテスト時の被験者のリクルート条件決定を挙げる。

 ペルソナ/シナリオ法を用いると、「いつ、どのような場面で、どんなコミュニケーションをユーザーは必要としているか、それにはどんなモノで、どんなインタラクションを行えばよいかを、ユーザー行動シナリオとして設計できる」(ミツエーリンクス)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]