山武、OKIのビデオ会議システム「Visual Nexus」を採用--20端末を同時接続

CNET Japan Staff

2007-06-21 20:51

 沖電気ネットワークインテグレーション(OKINET)は6月21日、オートメーション事業を展開する山武が沖電気(OKI)のビデオ会議システム「Visual Nexus」を採用したことを発表した。

 同システムは、既存ビデオ会議専用端末を利用した多地点会議を可能にし、PC用ソフトウェア「Visual Nexus Endpoint」を通してPCから会議に参加できるようにする製品。山武は、既存のビデオ会議専用端末との相互接続が可能であることや、システムの拡張性などを評価し、採用を決めた。

 今回導入されたシステムでは、山武の国内拠点・海外拠点を含めて同時に20端末を接続。既存のビデオ会議端末とPCに表示されているアプリケーション画面のリアルタイム共有を可能にする。また、山武の藤沢テクノセンターにOKINETが独自にアプライアンス化した多地点接続サーバ「VOCS 5000」を設置し、すべてのビデオ会議端末の管理を一元化した。

 山武ではこれまで、国内拠点間では部門ごとにビデオ会議専用端末を利用した会議を行っていた。しかし、海外拠点とのコミュニケーションは電話やメールのほか、出張して打合せをするケースがほとんどだった。多くの部門で、こうした状況を改善したいとの声が上がっていた。

図 山武でのビデオ会議システムの構成図

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]