Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その24:テクスチャアニメーション応用1

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社) 2007年09月06日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

デザートは期待通りの素晴らしいものだった。控えめの甘さのガトーショコラにさっぱりとしたカシスのシャーベット。器を彩るソースにもしっかりとした味がついていた。
そしてコーヒーの追加を頼み、ホッと一息。

俺は頭の中で廻らせていた考えを須藤さんに話し出した。
「例えばプロモーションとしてセカンドライフに参入…というのもいいけれど、メーカーとして参入するには何が一番有効で、かつセカンドライフの枷を最大限に利用できるのか。これを考えた場合その先に、例えば社員同士で開発前の製品のイメージや試作を共有したり、プレゼンなんかをするのもありだと、僕は思うんです」
さっきまでの俺とは打って変わり、息を吹き返した俺の言葉に須藤さんは目を細めて頷く。

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 前回は「変数」と「定数」の違い、そして「組み込み」の意味を知った。

 変数(Variable)というのは他の条件によって「変化する数」のことだ。例えば、「y=x + 1」という関数式における「x」や「y」だ。なぜなら、「x」や「y」も、それぞれの条件や状況によって、変化してするからだ。

 それに対して定数(Constant)はその名の通り、「変化しない数」、つまり、「定まっている数」のこと。例えば、「PI」のような定まった数字をもっているものを指す。LSLで使われる定数については、日本語版LSL Wikiにある定数の説明を参照してもらいたい。「PI」に加えて「TWO_PI」などがある。

定数

 これらの定数は、「Linden Labがサーバーにあらかじめ組み込んで用意している(ビルトイン)」定数ということで、「組み込み(ビルトイン)定数」と呼ばれる。

 それに対して、「あらかじめ用意されていない」、つまり、「自分で作る(定義する)必要がある」定数や変数などが存在する。これは逆に、組み込みとして用意されていない変数や定数を自分で作って使うことができることを意味する。例えば、組み込み関数では使いにくい場合、自分で使いやすい関数を自分で作ることができるのだ。

 忘れた人は前回に戻って復習してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化