編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本サムスン、Microsoft Office Communications Server 2007対応のデバイスを製品化

CNET Japan Staff

2007-10-17 22:29

 日本サムスンは10月17日、マイクロソフトが11月より日本市場向けに出荷を開始する「Microsoft Office Communications Server 2007」に対応したデバイスを製品化することを発表した。

 この発表により同社は、Microsoft Office Communications Server 2007に最適化されたUSBカメラやマイク、スピーカーを内蔵した一体型の22型ワイド液晶モニター「SyncMaster 225UW」を製品化。同製品を使用することで、高品質な音声および映像を最大限に利用することができる。

 SyncMaster 225UWの正式発売は、2007年末を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]