編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.NETのモックオブジェクトフレームワーク「Rhino Mocks 3.3」リリース

原井彰弘

2007-10-29 19:09

 Oren Eini氏は10月26日、.NET Frameworkで動作するモックオブジェクトフレームワーク「Rhino Mocks」の新バージョン「Rhino Mocks 3.3」をリリースした。

 Rhino Mocksは、.NET Frameworkで動作するモックオブジェクトフレームワーク。このツールを用いることで、テストを行う際にしばしば必要となるモックオブジェクトの作成を動的に行うことが可能になる。モックオブジェクトフレームワークにはいくつかの種類があるが、Rhino MocksはEasyMock.NETのようなRecord&Replayのモデルと、NMockのような予想ベースのモデルとのハイブリッドアプローチを採用している。

 今回リリースされた新バージョンでは、戻り値がないメソッドを戻り値があるメソッドと同じ方法で呼び出せるようになったほか、MarshalByRefObjectクラスを継承したモッククラスに対してリモートプロキシを利用できるようになった。そのほかにも、いくつかの機能が改善されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]