編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GWTでJavaScriptを書かないAjax開発--第5回:ウィジェットを表示するパネル

沖林正紀

2007-11-14 18:00

 前回はButtonウィジェット(Widget)を表示する方法を紹介したが、実際のAjaxアプリケーションでは、もっと多くのウィジェットが画面に表示されるだろう。その際、1つの画面をいくつかの領域に区切り、領域ごとに関連するウィジェットをまとめて表示することになる。

 今回紹介するパネルは、他のウィジェットを表示する領域とレイアウトを決めるウィジェットだ。JavaのデスクトップGUIプログラミング(Swing)を経験したことがあれば、それと似た概念なので理解しやすいだろう。

 そうでないなら、Widgets Galleryでパネルの種類を確認してみよう。HorizontalPanelはウィジェットを縦に並べて配置するパネルで、VerticalPanelは横に並べて配置するパネルだ。これらのパネルにウィジェットを追加していくと、図に書かれている番号の順に表示されることになる。他にもヘッダ、フッタをつけられるDockPanelなど、パネルの種類はさまざまだ。パネルは最終的にRootPanelに追加し、このとき初めて画面上に表示される。

では、パネルの使い方をSimplePanelの実行例で確かめてみよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]